広告収入 サイドビジネス HIGHER!(6/25:LOVE☆Event「HIGHER」・感想) その3 | sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログの別館です。
ENDLICHERI☆ENDLICHERI・KinKi Kids・嵐のつれづれニッキ。
2006/04/10開設−2008/04/10休止中
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | web拍手☆彡
<< 今日は出勤日… | main | オレ、好きなのに >>
HIGHER!(6/25:LOVE☆Event「HIGHER」・感想) その3
まだまだ続く
イベントの感想。

深い想いが込められています。


そしてまたまた途中まで(苦笑)

6月25日のイベントに行ってきました。

(イベント直後の感想はコチラへどうぞ)


PS:書き忘れていましたが、あくまで私が感じた想いを書き綴っています。

-------------------------------------------------------------------
6月25日(月)

ENDLICHERI☆ENDLICHERI Presents
LOVE☆Event
HIGHER in JAPAN !!! レポ&感想 その3

17:15位?開始 21:55位終了
-------------------------------------------------------------------
続きです。その2はコチラからどうぞ。

【スロットマシーン】
ステージのふたつの画面それぞれに、スロットマシーンが登場。
「チン・チン・チーン♪」の音と共に、絵が揃う。
クーさんとか、ペリーとか、大仏さんの顔だとか(笑)
もう1人、歴史上の人物がいらっしゃったんだけど、どなたか存じあげず。
エイプリルテンのメンバーかな?って思い、さっき調べたら「ジョージ・ウィリアム・ラッセル」(@詩人)かな?って思うけど、わからないですw;(←私の頭の中に残っている写真と、調べた時に見た写真が似ていたからそうかな?どうだろ?苦笑)
ちなみに「大仏・大仏・クーさん」でも、揃ったと判断するみたいです(笑)

その間にスタッフさんがステージ上の準備。

【ヘアショー】
川井暁子さん、sakaさん、Shakuriさんによるヘアショー。
ステージ中央の、一段高いステージに川井さん。右と左のステージギリギリ端っこで、ほかのおふたり。それぞれにモデルさんの髪を切ったり、エクステ付けたり?セットしたり。
スプレーをプシューとかしてた(←どんな?)

3人以外にすでにセットが終わってるモデルさんがステージをウォーキング。途中で中央のモニターに座ったりしてた。めっちゃ細いー。白いー。流し目キレー。女性のカメラマンさんがステージに上がり、そんなモデルさんの様子を撮影。後ろの左右の画面に映し出されます。その画像には上から模様みたいなのも映ってた?(←ここじゃないかも?)
あっ!思い出したから今書くけど、ばくさんがステージ下で写真撮ってたv オーバーオール着てたよ☆

ウォーキングしているモデルさんに混じって、電飾がついた傘を差しながらスティーヴさんと先生が相合傘でウォーキングに参加っ(笑顔) 先生が女性役v(←役ってw;) スティーヴさんはダンディーな感じなんだけど、先生照れちゃって可愛いw モデルさんとハイタッチしてたー(笑)
そしたら竹内さんも出てきちゃったよ(←出てくる予定ではなかったと思われる。笑) 中央のモニターに座って、モデルさんも座って、ふたりでハイタッチ! めっちゃ笑顔な竹内さんっv 耳打ちで話とかしてたし、楽しそう♪ うふふっ☆

セットされていた3人のモデルさんが完成ー。ウォーキング開始すると、ケリーが出てくる。スクっと中央のモニターに斜に座るの。軽く足を開いて、ひじがももの上。手を組むような感じで、音楽に軽くリズムを取る。川井さんがケリーの中央のモヒカン部分の髪の毛のピンを取って、少し前へ下ろして、めっちゃ凄いモヒカンの付け毛(@白と紫がまだらに混ざってる感じ)のを付けるの。最後はケリーの前髪を下に戻して、少しだけサイドに流れるようにしてスプレーで固定v 雄鶏…うぉほんっ。威嚇的なモヒカンになってたー(笑顔)
…なんだか、さ。髪の毛をセットされているときの、ぽわん(←ぽわん言うな)とした顔が可愛かったのようっ! ...むふっ☆(←思い出し萌中)

セットが完了すると、ウォーキングしているモデルさんを腕を捕まえて、背中にアルファベットを白い絵具で書きます(←モデルさんはみんな黒いTシャツの袖と裾を切りっぱにした服を着てます。あ、1人は男性で、めっちゃ細いーっ!)。ふたりほど、背中にフワフワな衣裳がかかっていたんだけど、文字を書くときに優しく前へ流してあげるのー。もうねっ!ホントねっ!優しいの〜っvvv(萌笑顔) その様子見てたら、私が“でれ〜ん”ってなっちゃったわv むふふっ☆
キーダさんがケリーの書いた文字に、色をプラスしたりして、最終的に全員書き終わったら、ケリーが1人ずつ捕まえて一列に並べる。(←この時も優しく背中の衣裳を避けるんだよね〜。萌) 出来上がった文字は「HIGHER」
ケリーがベースをセット。先生とスティーヴさんも楽器をセットし、演奏開始っ♪

3人で仲良く、楽しそうに演奏して、終わった時にケリーとスティーヴさんが向かい合って、深々とお辞儀。お互いに「神様・仏様」の関係みだいだったよ(笑顔)

【オノ・ヨーコさんのVTR】
オノさんが、青い布がバックの所で、立ったまま本を持って朗読してくださいます。
内容は「LOVE」。
一言ひとこと、ゆっくりと。そしてじっくりと…。

読み終わると映像が映し出されます。
緑に囲まれた砂利道のような所を、若い頃のジョンとヨーコさんがお互いの腰のあたりに手を回しながら、寄り添って道を歩いていくモノクロの映像。カメラは後ろからふたりを撮っていて、やがて可愛らしい家の玄関へ。
中にはいると、ヨーコさんがカーテンをあけて部屋に明かりが溢れる。…でも映っているのは...。

…すごくね、深いの。この映像が。
いろんなことを考えさせられる。オノさんが最初に読んでくださった文章が、その後の映像によって、「どういうことなのか」を考えさせられるの…。

私の言葉ではとてもじゃないけれど伝えられない。伝えきれない。
この映像が多くの方が見ることが出来ればいいのだけれど…。

…こんな感想でゴメンなさい。

【MC】ニュアンスです。あと順番はあってないかも。
オノ・ヨーコさんとジョン・レノンのお話をしてくれました。
オノさんから手紙を頂いて…。って話になって、話の途中で突然「スタッフの方、僕のパソコンを持ってきてもらっていいですか?」とお願いをします。「ん?」って思ったんだけど、それは後に判明。

いろんな方から「ジョンが見える」とか「ジョンが君に何かを言いたがっている」と、すごく言われる時期があって、「Revolver」を聴いて欲しいと言われていました。(←ドリさんとかかな?ってちょっと思ってたり)
でも、「僕は、僕だし」って思っていて、特に聴いたりしなかった。それなのに、いく店いく店で3回連続で「Revolver」がかかっていたことがあって、「わかったよ。聴いてあげるから」って、その足でCDを買いに行きました。

ジョンと僕に共通点があったりして。僕は龍を掲げて歌を歌ったりしていますが、ジョンは辰年だったり、ジョンは「9」という数字が好きだったのだけれど、龍と9という数字は関係があって、僕は去年の9/9に、龍に縁のある場所に出かけていたりしています。
「こじつけ」といわれればそれだけかもしれないけれど、あまりにもいろんなことが起きるので縁を感じました。

(話の途中でスタッフさんがパソコンを持ってきてくれて、後ろのアンプに立てかけて置きます・黒いソフトカバーに包まれてたよ。)
パソコンのところに行って、しゃがみこんで何かを出すケリー。
オノ・ヨーコさんからの手紙でした。
白い封筒から、白い縦に二つ折りになっている便箋(左下に家のイラストが入った便箋でした)を出してくれて、広げて私たちに見せてくれました。

上半分くらいのスペースに4行。文章までは読めなかったけれど、小さめの綺麗な字。

 (あなたにこの言葉を 贈ります) ←最初に書いてあると思う。MC等聴いてると…。
 ひとりで見る夢は 実現しない
 みんなで見る夢は 実現する

あとはサインかな?わからなかったけれど。

いつも大切に持ち歩いているんだなって。
ノートパソコンの間に挟んで、折れないようにしているのかな?って(←私がそうしてるだけです)

なにより、そんな大切な、このイベントをやるキッカケとなった手紙…。ケリーも頂いた日に何度も読み返して抱いて眠ったと言っていた手紙…。
物凄く大切な物を、こうして私たちの前で見せてくれたことが、凄く嬉しかったし、凄く感動でした。ケリーもきっと私たちに「見せてあげたい」って思ったんだよね?
その気持ちが嬉しかったの。うん。
本当にありがとう。

箭内さんが登場します。
「この間の時(22日)も出てって言ったのに、出てきてくれなかった」って言うケリー(笑)
箭内さんは「今日も出るつもりなかったんだけど、上で見ていて(←一番後ろのミキサールームね)どうしても言いたいことがあるから出てきた」って。

「今日は普通な格好ですね。いつもは派手なのに」とケリーが言ったので、「キミに言われたくないよ〜、キミにっ!」って反撃(笑)

「さっきのオノさんの映像あるでしょ?あれ、世界中で出回ってる(放送されている)映像だとみんな思ってるでしょ?あれ、違うよ。このイベントの為だけに、撮影してくださった映像です」
会場が、「おおーっ」とか「へー」ってなってると、
「ほらね?知らなかったでしょ?ちゃんとこういう事は言った方がいいと思うよ」
ケリー、箭内さんの方に身体ごと向いていて、腕を組んでる感じでマイクを口に当てたまま(←よくやるポーズw)苦笑い。 たぶんケリーは自分の口からではなくて、箭内さんから言って欲しかったんだと思うよ〜って思ったり(笑顔)

「このイベントは凄いっ!(ちょっと話した後で) そして長いっ!今日も帰れない人とかいるんじゃない?」
「いや〜(苦笑) でも“FUNK”は長くないとね…。伝えられないものが…」みたいな感じでドモるケリー(笑)

「しかしさ、なにが凄いって、“堂本剛”っていう人間は、縁とかの“目に見えないものを目に見えるようにする力がある”ってことだよね」
凄く印象的な言葉。ここまでのイベント見せられて、私も今まで以上にそう感じていました。
ライブ直後の感想にも書いたけれど、いろんな縁とか想いとか愛とかが「1つになった」って、凄く感じたんだ。
そしてこの箭内さんの言葉が、今の剛くんを語ってくれていると思う。

あとは「風とロック」の話。ケリーは「0円顔して撮ったやつね」って(笑)
「僕が自費で出してるんだけど、オークションとかで2000円とかで売ってたりする。絶対買わないで」と箭内さん。
「原宿にある店まで来てくれたら渡します。あと、商品を通販していて、買ってくださった方には一緒に入れて送ってます。…って、商売の話をしちゃったw;」
ケリー「そこはしていきましょうよ」って(笑顔)
あ、ついでにここでご報告ですが、私は手に入れることが出来ました。
お友だちの分も数冊持って帰りましたが、すべて配りました。喜んでいただけて幸いです。

他には「風とロック」のライブの話と、エイプリルテンの話。
ライブの話は断言しちゃったのが面白かった。「さっき東儀さんに言われた」って(笑)
エイプリルテンはラジオのレポ読んでね。

箭内さんがステージを後にし、ケリーのトークへ。

オノさんは「愛はシンプル」だと伝えてくださる。僕は「愛は複雑」だと思っている。でも愛は「シンプル」かもしれない。そして「複雑」かもしれない…。

人は死んだらまた生き返る魂と、死んだまま生き続ける魂があると思っています。ジョンの魂は、僕らに何かを伝えているのかもしれない。…今日もここに“ふわり”と寄ってくれているかもしれない。

そんなジョンとヨーコに、この歌を捧げます。

【Imagine】
十川さんのピアノと、ケリーの歌声…。
身体を少し前かがみにして歌っていた。
最初は、囁くような。ふたりへのお礼のような。
途中からは、静かではあるけれど力強く。

ケリーの歌になっていた…。

…途中でね。
どの歌詞だったか、はっきりは思い出せないんだけど、
たぶん「But I'm not the only one」の「only one」の所で、左手を自分の胸に軽くかざしてから、続く「I hope someday you'll join us」で、軽く腕を開いたんだ…。
なんだか「僕だけじゃないんだよ。あなたたちも一緒に…」って言われている気がした。

凄く感動しました。ケリーの想いが込められているから、なおさら感動です…。


最後に囁くような感謝の言葉。
「Thank you, John.」

-------------------------------------------------------------------
感動を言葉にするのが難しい…。
自分のボキャブラリーのなさを痛感しています。

そしてまだまだ素敵な時間は続くのです。


17:29 | Neo Africa Rainbow Ax:感想レポ | comments(4) | trackbacks(0) | web拍手☆彡
スポンサーサイト
17:29 | - | - | - | web拍手☆彡

この記事に対するコメント

Commented by hizaki at 2007/07/01 4:03 AM
まだまだ途中、いままでにも書ききれないことも沢山かとは思いますが、
まずはここでコメントしておく(笑)

本当に脱帽ってくらいすばらしいっす!
ここも忘れてた、ここはそうだった!とか、思いながら、あの時の感動を思い起こしつつ、
こんなふうに感じていたんだぁって、また新たな発見もしております(*^□^*)
本当にいつも忙しいのに素晴らしいレポありがとうなの!
Commented by sakurabi at 2007/07/03 12:37 PM
>ザッキーへ
お返事遅くなってゴメンね…。
やっとこさ書き終わったんだけど、記憶って忘れていくね…(汗)
早く感想書けばいいんだけど。
ザッキーも嵐の時の記憶は脱帽だわっ♪
読んでて「むふふっ☆」となります(笑顔)
なんとなくチケットも増えてる感じ?(←なぜここで聞く?)
もうすぐ始まると思うとドキドキですっv
Commented by hizaki at 2007/07/04 12:49 AM
もうすぐはじまるのー(//∀//)(ここでこたえるの?笑)あちきの初日は7/21…いまから、なんか内蔵が飛び出そうになるくらい緊張してて…ι
なんか、具合わるくなりそう(おい?笑)
もう、さっくぅと行く日も1ヶ月切ってるし…
もう、息苦しくて…ι(切羽詰まりすぎι笑)もうすでにDVDみるだけで緊張で泣きそうι
ケリーさんに行く前のさっくぅもやっぱりこんなキモチなのかなって思ったんだけど…ちがうかなι人それぞれ十人十色(笑)
チケット(,,*)いっちゃう?(笑)ちょっとだけね(//∀//)(笑)
Commented by sakurabi at 2007/07/04 12:39 PM
>ザッキーへ
あはは〜(笑) ここで答えてくれてありがとう☆
そっか。北海道からスタートなのねんv
私は22日に東京ドームにいる予定(笑)
内臓が飛び出しそうな気持ちが解るわ〜。うふっv
気分的な問題は仕方がないとして(苦笑)本当に風邪とか引いたりしないでね。
私はやっぱりちょいと脱力感(汗) 音楽自体を聞いてないですw;
でも来週嵐のアルバムゲットしたら復活だわv
やっぱり増えてたのねん☆ 体力とお金とチケットある限りGOーっ!!(←コラ)
コメントする










(*注)urlを入力せずにemailを入力されますと、お名前のリンクにメールアドレスが表示されてしまいますのでご注意ください。sakurabiからメールにて連絡を必要とされる場合で、ご自分のブログやサイトをお持ちでない方は http://sakurabi.jugem.jp/ のurlをご利用下さい。
トラックバックURL
http://sakurabi.jugem.jp/trackback/855
この記事に対するトラックバック

【Information】
<参加日>
過去と未来(笑)の記録