広告収入 サイドビジネス 想いの涙雨(6/17:47公演目・感想) | sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログの別館です。
ENDLICHERI☆ENDLICHERI・KinKi Kids・嵐のつれづれニッキ。
2006/04/10開設−2008/04/10休止中
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | web拍手☆彡
<< とうとうお知らせが届いたよvvv | main | ねむい… >>
想いの涙雨(6/17:47公演目・感想)
私の最後のライブ。
楽しかったです。本当に楽しかった。
格好よかった。すごく素敵だった。
本当に素敵な最後を感じることが出来ました。


…途中ね。「最後だ」ってうかつにも思ってしまい、
テンションが下がってしまってました(苦笑)

でも、最後には「楽しかった〜☆」と心の底から思っていました。


そんな気持ちになりながら聴いていたので、ちょっぴり感想おかしいです(汗)
テンション下がった場所は下がったままの気持ちで書いていますのでご了承ください(苦笑)


6月17日のライブに行ってきました。


-------------------------------------------------------------------
6月17日(日) 47公演目(通算:155公演目)
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
「Neo Africa Rainbow Ax」 FANKY PARTY 2007 ライブレポ&感想

17:15位?開始 20:30位終了
-------------------------------------------------------------------
最後の席はL2ブロック2列目の端っこ(笑顔)
ステージも客席も見れて、しかも端という素敵な席でした。
照明とか、会場の雰囲気も、すべて味わってきました。
-------------------------------------------------------------------
最後だからちゃんと書きたいけれど、なんやかんやと忙しく…。
今回も頭の中全部は時間的に書けません…。本当にゴメンなさいっ(ペコリ)

<オープニング>
「人の心は…」のあとの
「大宇宙なんだ」
ってスクリーンの真ん中に出てくる言葉で、ぎゅーってなる…。

【空が泣くから】
十川さんのピアノは壮大な感じ…。
おっきい…。とてつもなく大きな空間を感じた。

ケリーの声がその空間にプラスされて…。

なんだか、ね。
「静」を感じた。
その後、曲の中盤で「動」を感じ、再び「静」へ…。

ケリーが今日という日だけの言葉を投げてくれるところ。
十川さんの入りというか、入口というか、
いつもと違う感じがした。
…ちゃんとメロディーがあって、そのままケリーへと繋がる感じ。

今日もたくさん投げてくれたから、印象に残っているのだけ…。

「キミの涙を ボクに重ねよう」

“キミの涙を”って歌ったとき、私、激しく動揺っ。
…だって、ちょうど頬を涙がつたっていたから…。
「もしかして見えてるの!?」って思うくらいに...。(←放置してあげてください)

「ここにはあるさ」

いつもはマイクスタンドに手を乗せて歌っているんだけど、
「ここ」で両手で胸に手を置いてから、両手を開いたのが印象的…。

「行きたい場所へ 虹を架けよう」

愛を信じて虹を架けて…。
七色に光る道が見えた気がした。

最後のシャウトは

「Love… Love… Love Love」

宇宙に響き渡って、そのまま声が飛んでいくような声…。

今日は「ケリー…」って思ってた。
歌い終わった後にしばらく動けない感じです。


いつも書いてなかったけど、歌い終えた後暗転している時に
ケリーはステージをLブロック側からはけていく姿が見えるの…。
…いや、見えるというか、機材のランプの光が、ケリーで遮られるのね。
歌い終わった後のその歩みを感じると、ますますぎゅーってなっています…(苦笑)


【ENDLICHERI☆ENDLICHERI2】
客席の照明がぶら下がってるうねうね(←わからんってw;)が
曲に合わせてウェーブのように色が移っていくってことを、初めて気がついたーっ! 素敵っ!!
って、気付くの遅すぎー(苦笑)

【White DRAGON】
出てきた瞬間、紺?青?のニット帽?でその頭に白いボンボンがついてるのーっ!
ケリーが動くたびに、そのボンボンが動くから可愛すぎv

演奏始まった時に思ったのが、
「音のバランス悪い…」「ベースの音が聴こえないw;」だったのね(苦笑)
でも、よ〜く考えたらL2だから、スピーカーの外だから仕方がない。
前回はセンターほぼど真ん中だったもんねw;
…あ、でもベースはやっぱり調子悪かったみたい。すぐにスタッフさん出てきて直してた。

「我が魂など掴めはしない」
で、顔の横辺りで拳。

「堕とせ真ん中へと」
の、ピック持ってるから通す指は中指なのね。その仕草がステキv きゃっvv

途中の、少し静かな感じになって歌うところ。
ステージからの白い照明が、会場に向かって上からと下からぐわ〜って動いてピタっととまり、そのままの状態なの。
音が少なくなった分、お客さんの手拍子が素敵で…。
そして、そんな中で歌うケリーの声が素敵で…。幻想的で…。
「あぁ。これで最後なんだなぁ…」とか、うかつにも思ってしまって。
感情が抑えきれなさそうになって…。こんなに盛り上がってるのに泣きそうで。
…懸命に堪えてた。

で、ここから若干テンションが下がっておかしくなってく…(苦笑)

【インスト曲】
ホーン隊メインのインスト曲。
本当に格好いいよなぁ。凄く好き。
会場もピョンピョン弾けてるっ

ケリーはエアーギターみたいに、弾くマネをしていてたよv

【FISH DANCE】
「いつの日か沈んで」
は、少しだけだけど左手を沈ませて。
「底を知っても」
を今日はやってた。…この流れが好きv

ケリーはこの曲だけじゃなくて最初から、
歌ってない時もよく身体を動かしたり、
歌詞と歌詞の間に「oh」みたいな言葉を入れたりしていたの。
テンション上げてるのかな?って思ったんだけど、
今日はもともとテンション高かったんだよね?
ちょっぴり間違いそうだったりしたのは、トリップに近い状態だからだよね?

…私が下がり気味だから、ちょっぴりステージが遠い…。
「何やってるんだ、自分」って思って。
理屈っぽくなってて…。さらに落ちるみたいな(滝汗)

【インスト曲】
今日もスティーヴさんの白くて長い髪の毛を、ポーンとやってたよ(笑顔)
曲が始まって、ケリーの声を変えて英語を話すところは
途中で「Yourself」と、最後に「Together」って聞こえるんだけど、
…間をちゃんと聴け!って感じだよね?(苦笑) 英語苦手ですもんっ(←開き直り)

【傷の上には赤いBLOOD】
間奏のところ。
今日の先生はケリーに向かって(笑)演奏したあと、ターンっ!
2回目はケリーも一緒にターンっ!
3回目はタイミングをずらしてだったかな?ターンして、
4回目は演奏しながら、右・左ってお互いに連続ターンっ!(笑)
ヘロった先生(笑)の頭を掴んで、ターンを頑張ったご褒美の(?)ちゅぅv
頭を抑えたままヨレヨレでA4側へ先生歩いて行って、ちゅぅのお裾分け♪

【宇宙の雨はね 二人で】
「握っていればいいね」の2回目の時に
真っ直ぐに会場に手を伸ばして手のひらをこちらに向けてから、
“ぎゅっ、ぎゅっ”って力強く握ったよ。きゅんv

【新曲】(「Love is the key. Let it shine.」)
この曲は毎回違うのかな?曲の長さとか。
イントロとか「こんな感じで」っていう流れは決まっていて、
キッカケはケリーの指示なんだろうな。
…あっ!指示出す腕が格好いいんだよね〜(笑顔)

先生もアコースティックギターなんだねv(←前回見えなかったw;)
ケリーは途中で分かんなくなった?トリップした?
後ろの文字と違かったり、途中で歌わずにギターを弾き続けたり。
…まあ、もともとそういう感じなんだろうな。今思うと…(←気が付くの遅い)
でもステージ上も、スタッフも「ん?」ってなってる感じしたんだけどなぁ?
CHAKAさんが途中で「Let it shine.」って、いい感じに入ってきて、
最後に纏まっていった感じがしたの。
後ろの文字を出すスタッフさんも「今はどっち?」みたいな感じだったし、
最後はピント合ってなくて、慌てて直してたし(苦笑)

メンバーさんの1人1人のテンションが高かったのは伝わっていて(←だから私とのテンションの差を感じちゃって、ますます落ちるという阿呆なことをしてたんだけどw;)メンバーさんの雰囲気は凄くいいんだけど…。
スピーカーの位置の関係で音のバランスが悪く感じていたからかもしれないけれど…。
だからこそ?なのかな?それぞれにトリップして、なんとなくズレを感じたというか…。

この曲の途中から、凄く心配してたんだよう。
「ちゃんと終わるかな」って。(←余計なお世話)

まあ、だからこそ伝わるものもあったりしたんですけれどね(笑顔)

あくまで私がライブ中に思っていたことです。
…この曲でMAXにテンション低かったし、私の感想なのね。
きっと最後じゃなかったら、もっと違う風に捉えていたのかも。

【Sparkling<メンバー紹介>】
…で、テンション低かったのはここまです。
この曲の途中で復活しますっ!

スティーヴさんが今日も音を1つも出さなかったわ(笑)

先生がね。テンション高かったっ!
(…個人的には何かを感じてたからだと思うんだけど)
ケリーがちょっぴりビックリした感じで見てた?(苦笑)

そして今日もケリーさんは、スティーヴさん側のドラムへ。
ケリーがタム(?)を叩こうとすると、スティーヴさんが「Welcome」と言う遊びをした時にケリーの笑顔が見れたvめちゃめちゃ嬉しかったv

ケリーのドラム。L2だから、ケリーの顔がこっち側なの(笑顔)
そしてドラムがよく聴こえて…。すごく心地良くって…。
(周りで演奏するメンバーさんが、結構音が小さめだったんだと思う。竹野さんもいつもの倍のテンポで叩いてたし)ケリーのドラム聴いてたら、なんだか気持ちが落ち着いて、やっとみんなと一緒のテンションまで持ち上がったの。
その後のベースの時、全員で演奏した時に、音のバランスもよくなっていて(←私の耳にはそう聴こえた。たぶんもともとバランスはよかったんだと思う←私のテンションの問題かもw;)
途中でケリーは何回か指示を出すんだけど、そのうちの1回を、今日はアイコンタクトっ!1人「おおぅっ!」って感動しつつ、「格好いい〜っ!」って思ってた(笑顔)

ウエケンさん・先生・ケリー・名越さんが一列に並んで、演奏しながら相手の攻撃をしゃがんだりしてかわすところ。ウエケンさんと先生は事前に話し合ったのか、ちょースローテンポ(笑) 先生がイナバウアー状態でストップして、耐え切れなくてヨロけてた(笑)
それを隣りで感じたケリー。自分が攻撃する番の時に微動だにせず(爆笑) 名越さんが騙されちゃって、笑ってて可愛かったv しかも3回くらいやってるしw

最後にクーさん。左のクーさんしかいなくって、クーさんが「え?」ってなってると、
右側にケリーのマザーシップが3頭身(←どこが身体?笑)のキャラクターになって出てきたっ!おめめがパッチリなのっv 可愛いのーv
そのおめめで左のクーさんをじーっと見てる。あっ!ちなみにUFOが飛んでるみたいな「ホワン、ホワン」って音がしてた(笑)
マザーシップが、オープニングの時みたいにグルって回って、左のクーさんに重なると右のクーさん出現?だったかな?
とにかく凄いーって思ってた(笑) 何パターンあるんだろう?

あ、ドラムの途中でちょぴっとだけテンポアップした気がします。少ししたら元のテンポに戻ったよ。

【脳】
今日はちょっとフリをした(笑)
なんだか会場のフリが揃っててキレイだったよv
「そっと…ずっと…」の後の、あの右・左・右・左〜ってやるフリの時、
「Yeh Yeh Yeh Yeh〜♪」って歌いたくなるのは私だけ?(苦笑)

「たった1mmだけ…。」
は、今日も素敵っvvv

【Blue Berry -NARA Fun9 Style-】
今日のジャンプは3回くらいいたずらな指示をしたんだけど(笑)
引っ掛かる人が少なくて(苦笑)、ちょっぴりご不満そう?(笑)
その後に続く右と左に動くダンスは
りんこさん・CHAKAさん・ケリーで並んでるんだけど、
CHAKAさんがうっかり逆から始めちゃって、りんこさんとぶつかりそうにっ!(笑)
りんこさんと向かい合って、両手を上げて曲に合わせてケリーみたいに腰を“チャ、チャ”って振った(笑) 間違えちゃった所から見ていたケリーはCHAKAさんに笑顔v か、可愛いっvvv

【Take U 2 The Rainbow Star】
この曲、ライブで演奏してくれると、いい感じで後ろに引っ張るというか、重たい感じというか…。ケリー風にいうと「いなたい」かな?(笑) そんな感じw
すっかりとライブで聴きたい曲になりました。

【Chance Comes Knocking.】
「今日楽しい〜☆昨日ライブ来た人〜」 (会場:「はーいっ」←結構な人数)
「今日は全然眠くないっ!」 (会場:「おおーっ!」拍手)
「昨日はライブの途中で何かの力で眠くなっちゃって、ひじから下に力が入らなかった…。今日も心配してたんだけど、大丈夫っ!今日はみんながいい神様を連れてきてくれたんだねっ」

そっかぁ。昨日は眠かったのかぁ…。ライブ中に眠くなるんだもんね…。うーむっ。
私たちのせいで無理させてなければいいのだけれど…。

「妖怪を見たことある?」って行って、89さん登場〜(苦笑)
51歳なんだってさ。見えないー。
今日もケリーの手をとりながら写真を撮るっ!…しかも、たぶんケリーの手の写真撮ってたようっ!
「女の子とデートしている感じの写真が撮りたいって言われて、手をとられる。…いい顔出来るわけないでしょ?(苦笑) はたから見たら“頭おかしくなった”って思われるからっ!」

「…ここから結構長いよ?」 (会場:「きゃぁ〜っ」)
「この曲やり始めた最初始めた頃は15分とかだったんだけど…。MAXで何分だったっけ?…40分?とかやった時があったんだけど、後で大人に怒られるんだぁ〜」  >めっちゃ可愛い言い方だったぁ〜vvv
「“イェ〜イっ♪”って帰っていったら、裏で“時間は守ってください”って怒られんねんっ」
「そうなったっていいじゃないっ。盛り上がっていこうゼっ!」 (会場:「きゃ〜っ!!)

「レッツ・ゲット・ファンキ〜っ」 (←今日はみんなも一緒に言ったよっv 私も思わず言っちゃった☆ 凄く雰囲気がよかったのvvv)

CHAKAさんのテンションが高いっ!“ローリング・シャウト”だっけ?をしてた。
前に出てきて歌いながら、クルっと後ろ向きに、足を上げながら飛んで着地するのっ!
みんなも「おおーっ!」ってなって、ケリーも爆笑v ステージの反対側で膝をついて笑ってたっ☆ 3回くらいかな、拍手と歌で促してやってもらったら、CHAKAさんが今度はケリーを指名っ!! ケリーがギターを外したっ!!そしてマイクを手に取りA4側へ。
「oh〜♪」と低い所から高音へと音程を上げていきながらシャウト。それだけでも「おお〜っ」てなってたのに、いきなりそのままロンダートっ!! きっ、きゃ〜っ!!会場も悲鳴ですようっ! 凄かったっ!! 最高潮に盛り上がっちゃって、もう一回の要求拍手(笑) 1回マイクを戻してギターもセットしたんだけど、鳴り止まないアンコール(笑) りんこさんも「one more time♪」って(笑顔)
ケリーがもう一回ギターを外して、マイクを取って「体力的にキツイから、あと1回だけね」って言ってから、「oh〜♪」のシャウトをして、ロンダートっ! しかも2回目はジャンプが高いっ!! きゃぁ〜っ!! 格好いいよーうっ!!(感激泣)

で、実はロンダートやってるときに、89さんがこっちに向かって歩いてくるのが見えて…(笑)
ケリーが2回目終わった後位に私の元へ(笑)…普段写真に写るのは好きじゃないんだけど、めっちゃ盛り上がったから、ついポーズをとってしまった(苦笑)
カメラの奥を見ていたんだけれど、シャッターは切られる感じはしなかったから写されてないと思うんだけど、あのカメラにいつも撮られてるケリーの気持ちを感じちゃったかもvvv うふっ☆ (←放置で)
本当に凄く至近距離のあのレンズは凄いね。シワとかシミ以外にも“何か”写っちゃいそう…(←おじいちゃん?笑)
…っていうか、カメラ欲しい...(←え?)

「Love you Love you ケリー」をやってたら、ステージより前の部分に降りた☆
「Kiss me Kiss me ケリー」は、タイミングをズラして、ちゅっ!ってしたようっ!(←危うく見逃す所だったゼっ!笑)

ギターバトルは、先生がいつも手首に巻いている黒いラメラメのストールを、ケリーの前のモニターにサッとかけて、その上に座った(笑←ベンチでハンカチを下に引く感じw) 可愛く座ったまま先生は演奏。 ケリーは先生の真後ろに立つ。そしたら名越さんがケリーの後ろに立つ。…ようは一直線に並んでるのね(笑) そしたらあのグルグルやるやつ、やりたくなるじゃん?(爆笑) ケリーはプロだけど(笑)先生と名越さんがグダグダ(笑) ケリーが真ん中だから、1人だけ逆に回ろうとしたら、先生も名越さんも焦って合わしてたしw;

そのあと、3人して2つのモニターに座って演奏。先生と名越さんは半ケツだしw(←可愛い) 自分が弾き終わったら席替えをしてた(笑) グルグル回って面白い。

そろそろ飽きたケリーが立ち上がり、ソロ回し行こうかな?とか思いつつも、まだまだ盛り上がりたい感じだったのね。
そしたらやっぱり名越さんっ!腰を落として小さくなって演奏開始っ!!(笑顔) ケリーも先生も笑顔v ホント、いつも素敵な発想ですv
それをみたケリーはもちろん笑顔で、同じようにかがむっ!そして先生もっ!
で、かがんだまま歩き出すケリー(笑) それについていく2人(爆笑)
いつもは名越さんがいる場所辺りから、ステージの裏の方に入って行っちゃうの〜(大爆笑) かがんだ体勢のままだよ?うふっ☆ で、優香さんとTAMAさんがいる1段高いステージの周りをグル〜ってまわる(笑) ウエケンさんが、自分のいるステージと跨いで仁王立ちみたいになって、股の間から出てきたんだけど、いちばん最後の先生はすかさず立ち上がり、ウエケンさんに攻撃っ!(←どこを攻撃したかは想像して。笑)
出てきた3人は、辛い体勢で腰が痛くなったらしく、“ポンポン”と叩いてた(苦笑)

先生と接近しながら演奏するケリー。…もしかしたら先生の足を踏んでる感じ?そしたら先生も接近して演奏っ!(先生も踏み返した?)そんなかんじで、どんどんケリーと先生の身体が近くなっていき密着(苦笑) 名越さんは参加できずに見守ってた(笑)

ケリーは後ろのステージに向かう階段を2段くらい登ってジャンプっ!先生も、名越さんもジャンプっ!!
ケリーはだんだん高くなっていって、みんながピョンピョンとテンポよくジャンプしてたの。そしたらケリーは一番上にスタタタって上って、そのまま後ろ向きにジャンプっ!!勢いで後ろを向いたままステージの端まで来てピタって止まる。…何をするのかな?って思ったら、黒?深緑?のラメラメな布を巻きスカートみたいにしてたんだけど、そのねっ、スカートを、ねっ!!

両手でゆっくり…捲り上げたのーーーーっ!! そこにはラメラメオレンジの短パンがーーーーーっ!! しかもお尻を突き出して強調ーーーーーっ!! ぎゃーーーーーーーーっ!!
…あまりの衝撃に私、マジでよろけました…。た、倒れるかと思ったぁ…(苦笑←興奮しすぎですw;)

今度はケリー、ステージ端のR側の、頭よりちょっぴり高い位置にある、ステージを当てる照明に向かっていく…。「ん?」と思っていると、いきなりその照明(このときは紫色のライト)の網みたいになっているところを触るっ!で「熱っ!」って手をブンブン。…そりゃ熱いよーうっ。スポットの球切れしたときとか火傷する人とかいるから、指は大丈夫だったかな?心配…。
めげずに?照明触って、向きを自分の方へ下げて顔に光を当てるっ。でも手を離すと上に照明が戻ってく…みたいなのを何回かやる(笑)
…あの〜。先生と名越さん、ポツンってしてますよう? ギターも弾かずに(笑) メンバーさんもみんなでケリーさん見てますよ?(笑)
で、満足したのか戻ってきたんだけど、ライトの当たりすぎで目がおかしくなって、両手で“ギュッギュッ”ってやってた(苦笑) そりゃそうだ。眩しいよー。

戻って来たんだけど3人してどうするか悩んで、でももうネタがないな(←ネタいうな)って感じになって、ソロ回しスタート(苦笑)
今日はここまで時間かかったから、誰かに戻るっていうことはしないでスムーズに(笑) りんこさんとCHAKAさんがふたりで歌う所が格好いいなぁ〜。で、次にスティーヴさんなんだけど、ケリーのマイクを取ってCHAKAさんの隣りに行ったの。ケリーはその前のモニターに腰掛けてます(←りんこさんとCHAKAさんのソロが終わったら両手を上げて拍手してた)。スティーヴさん、いきなり「あーっはっはっはっはっ!」で爆笑しだすの!何かに取り付かれたみたいにっ!何度もっ!会場中大爆笑っ!!ケリーなんて足を床にバンバンさせて笑ってたーっ!か、かわゆいvvv

ハイヤーの「男の人だけで」っていわれた1回目は声が全然聞こえなかったんだけど、2回目からすっごい聞こえたっ!(←後でアッキーの声だったんだなって気がつくw;) Cブロックの最前列の方がノリノリでピョンピョン飛びながらハイヤーしてた☆

「楽しかった〜。さっき得体の知れないロボット(←照明ね)と戦ってた。なかなか手ごわかったけど地球は守ったよ。みんな安心して。また青い空が見られるよっ」 (会場:拍手)
「地球が危なくなったら僕を呼んでくれっ」

って男前な感じの低い目のトーンでしゃべってたんだけど、自分で言ったコトにおかしくなっちゃったのか

「んふふふっ」 って笑っちゃうvvv

「僕は28だけど、中身は小学校1年生」 (会場:笑)

「今から『降臨の儀』を執り行ないと思います」
先生がケリーのマイクまで出ていて(←えーっ!て感じだったw けどすでにメンバーさんの前ではやってる感じですv CHAKAさん笑ってたしw)
先生がマイクの前で手を1回叩いて
「おおーーーーーーーーっ!」(←低っい声から音程が上がって、途中で裏声v)
そして手を2回叩く。お辞儀。
ケリーが
「今、こちらに愛の神様が降りて来られました。皆さん一緒に2礼2拍手でお願いします」
そしてみんなで2礼。…っと拍手が早い人がいて、ケリーが止まっちゃう(笑)
「改めまして…」といって、もう一回。今度は揃ったよv
「それでは『還幸の儀』(←って言ったと思うんだけど“召還”かもしれない)を行ないたいと思います」
先生、苦笑いしながら前へ。
「おおーっ」て言い始めたら、十川さんとスティーヴさんが神社の儀式の時に流れているような曲と効果音をプラス(笑顔←こういうことをすぐ出来るのって素敵v)
でも先生は途中で笑って(むせて?)止まっちゃう(苦笑)
やり直して、ちゃんと還っていかれました。

「べつにふざけたわけじゃないんだけど…。本当に神様はいると思います」

最初はふざけてると思ったけど、先生の声聴いてたら本当に降りてきそうって思ったよ。普段先生の声ってあまり通らないイメージがあるんだけど(←前にハイヤーやらされた時とかねw)「おおーーーっ!」て声。とくに裏声が、空に想いが突き抜ける感じがしたんだ。

「想いを放ってジャンプしましょう」

いつもみたいに「え〜、皆さんにお伝えすることがあります」
「今日、こうしてあなたたちと出会えて、嬉しく思っています。ありがとう」

このね、「ありがとう」の言い方が、凄く素敵だった…。気持ちが込められていて、それでいて格好いい声…。 ここでトロけた私…(苦笑)

「キミたちのこと、心から“ブーっ”ています」(←エフェクター踏んだっ!)

転がったわ。私は…。やると思ったけどさぁ〜。「ありがとう」でヤラれまくってた上で、“ブーっ”でしょ? あまりのギャップに爆笑ですようっ!
…でも好きなんだなぁ。そういう所も。(超笑顔←痛い)

先生も爆笑中w 会場は「ええ〜っ!」ってなるから、ケリーも何回も“ブーっ”(苦笑)
…でもね、1回だけ“ブーっ”に混ざって「愛してます」って聴こえたんだようっ!!
何で聴こえたか解らないけど、私の耳には聴こえたっ!(←錯覚?)

「僕は、みんなの事、あ・い〜・し・て〜・い・ま……ちゅっ」(←エフェクターも踏んだ?なんだかいろんな音がしたよ?)

ジャーンプっ!!

「どうもあ“ブー”とうっ!」

…絶妙なタイミングだわっ!爆笑っ!!最後まで楽しそうでしたっ☆

<アンコール>
B3ブロック最前列を中心として、物凄い「ケリー、チャチャチャっ!」が起こるっ!
「誰かいるのかな?」って思ったんだけど「キャー」って声とスタッフが駆け寄って行ったから。アッキーだったんだね(笑顔)
15日に米花くんと屋良くんが来ていた時、屋良くんだったかどうか友だちが確信持てなくてその時に「秋山くんだったら間違いないのにね〜」って言ってったんだけど、気が付かなかった…(汗)
…いや、正確には気になってたの。「B3の最前列に背の高くて彫りの深い、外人さん?がいるな〜」って(苦笑) 帰る途中で、ライブに参加された方から「アッキーいましたね」っていわれて、「あっ!そうかっ!なるほどっ!」と納得。…思い出して見るとあの感じはアッキーだった。…って、遅っ!

凄く素敵な「ケリー、チャチャチャ」だったよ☆

【MC】(ニュアンスを箇条書きです。ゴメンなさい)
横浜で100回やった時、足が地面にピッタリとくっついてる感じだったけれど、お台場は、フワフワしてるというか、毎日違うから、慣れるのが大変。でも毎日楽しくやっている。
僕は神様を信じてる。朝起きたとき、夜寝る時だけではなく、ライブが始まる前も、空に向かって手を合わせて想いを放っている。
愛や優しさを惜しみなく放つと、いつかは必ず返ってくる。
当たり前が当たり前じゃなくなるのは明日かもしれない。
こうして生きていること、生かされているということ、ご飯を食べれるということ…すべてに感謝。
親への感謝。今出来ることは今伝えたい。
昔(18の頃)、30代の尊敬する方に「君は若くして働いてお金を稼いでいるのだから、親に対して“してあげたい”と思うことはしてあげなさい。何か“欲しい”といったら買ってあげなさい。僕は君の年の時にはお金がなくて出来なかったし、今は(亡くなってしまって)もうそうしてあげられることが出来ないのだから…」といわれた言葉が強く心にある。

…他にもいっぱい。
「私と同じ感覚だな」って思いながら聞いてた。
小さい頃から思っていたこと。
こうしてケリーの口から放ってくれると
「あぁ。私の考えは間違いではなかったんだ」って思わせてくれる。

「ライブの始まる前にも、空に向かって手を合わせて想いを放っている」
…ケリーの放った想いは神様に届いて、そして空から私たちに降り注いでいるってすごく思う。タンクを中心に。タンク以外の場所も。…時には雨混じりでね(笑顔)
そして私が放った想いも…届いているのかな?

今日も素敵な言葉を伝えてくれて次の曲へ…。

【Rainbow wing】
「剛くん…」って思った。
音も違う…。
ふわりと包んでくれる感じ。
優しいの。

光に手を伸ばし、全身全霊で投げてくれる想い…。

ケリーの身体は消えてなくなりそうだけれど、想いはますます強くなってその場に残る…。
曲が終わった後の、あのなんともいえない温かさ。

何も考えられなくなる。
ぎゅ〜ってなる…。

【最後のご挨拶】(ニュアンスです)

「今、涙を流している方がいると思います。泣くことは素敵なことだと思う。
 僕は、なぜだか泣けない身体になってしまいました。
 それは悲しいことだと思う。でも涙が出ないんです。
 だから皆さん。素敵な涙を流してください」

「人生の一部の時間を、僕のためにありがとうございました」

<宇宙船でご帰還?>
<エンドロール>

-------------------------------------------------------------------
ケリーが2回「涙」と言ったその瞬間。
2回とも本当に頬を伝う涙があって…。
「暗いのに私のことが見えてるんじゃないか?」って、思っていた。

ケリーがちょっと前にも「泣けない」と言っていた。
…心配した。余計なお世話かも知れないけれど…。

私は今、こうしてケリーの想いや素敵や愛に触れて
涙を流すことが出来る。
それはきっとキレイな涙。ピュアな涙。

昔は泣くことが出来なかった。
…それはケリーの「泣けない」とは違うけれど。
理由は違えども「泣けない」のは…。うーむ…。
自分を犠牲にしていなければいいなって心から思う。

ケリーは「泣けないこと」がよくない...というか、やっぱり少し違うと気付いていた。
…前に聞いたときより、その事をハッキリと伝えた。
少しだけ安心した。気が付いているんだって。

やっぱり私は、ケリーに素敵な涙を流して欲しいと思う。
素敵な涙を流せるような場所をあげたい…。
そんな、自分になりたい。

途中、テンションが下がって
「どうしよう…」ってなってたけれど。
やっぱりケリーの音楽は素敵で。
ケリーが「楽しい」って言ってくれて。
私もライブの途中から「すっごく楽しいっv」って参加出来た。

あの空間・・・。あの大宇宙で感じたこと。
1回1回、いろんなものをいただいた。
どれも大切。どれもその時だけの素敵な時空。

「ありがとう」

この言葉にすべてを込めて…。

ライブが終わって、イベントも終わったら
自分の感想を振り返ろう。

そして、また新たな宇宙へ羽ばたこうと思います。


ライブ直後の感想も合わせて読んで下さると嬉しいです。コチラからどうぞ。
-------------------------------------------------------------------
【セットリスト(6/15)】
<オープニング>
空が泣くから
ENDLICHERI☆ENDLICHERI 2
White DRAGON
(インスト曲)
FISH DANCE
(インスト曲)
傷の上には赤いBLOOD
宇宙の雨はね 二人で
新曲(「Love is the key. Let it shine.」)
Sparkling<メンバー紹介>

Blue Berry -NARA Fun9 Style-
Take U 2 The Rainbow Star
Chance Comes Knocking.

[アンコール]
<MC>
Rainbow wing
<最後のご挨拶>
<宇宙船でご帰還?>
<エンドロール>

【メンバー(6/15)】
Vocal ENDLICHERI☆ENDLICHERI
Guitar 西川進
Guitar 名越由貴夫
Bass 上田ケンジ
Keyboards 十川知司
Drums ひぐちしょうこ
Percussion STEVE ETO
Trumpet 下神竜哉
Trombone SASUKE
Sax 竹野昌邦
Chorus 浦嶋りんこ
Chorus CHAKA
Chorus Yu-ka
Chorus TAMA
Manipulator 鹿島邦裕
Camera 小林89
(敬称略)

01:58 | Neo Africa Rainbow Ax:感想レポ | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手☆彡
スポンサーサイト
01:58 | - | - | - | web拍手☆彡

この記事に対するコメント

コメントする










(*注)urlを入力せずにemailを入力されますと、お名前のリンクにメールアドレスが表示されてしまいますのでご注意ください。sakurabiからメールにて連絡を必要とされる場合で、ご自分のブログやサイトをお持ちでない方は http://sakurabi.jugem.jp/ のurlをご利用下さい。
トラックバックURL
http://sakurabi.jugem.jp/trackback/837
この記事に対するトラックバック

【Information】
<参加日>
過去と未来(笑)の記録