広告収入 サイドビジネス 触れるはあなたの愛 | sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログの別館です。
ENDLICHERI☆ENDLICHERI・KinKi Kids・嵐のつれづれニッキ。
2006/04/10開設−2008/04/10休止中
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | web拍手☆彡
<< 零れ出した想い | main | 昨日書けなかったことを少し… >>
触れるはあなたの愛
10/26 私が参加する最後のライブ直前のタンク。
061026

ライブが終わった後の感想にも書いたけど、今日は大人なライブでした。
すっごく素敵で、すっごく楽しくて。
ケリーはカッコよくって、可愛くって。
メンバーさんの素敵な音楽が優しく溢れていました。

最後の愛のライブ。
10月26日のライブに行ってきました。

以下はネタバレ&感想です。
…すっごく長いです。ご注意下さい(苦笑)
誤字脱字はご勘弁を…。ヤバイのあったらコッソリ教えてください(汗)

-------------------------------------------------------------------
10月26日(木) 98公演目(再追加:22公演目)
ENDLICHERI☆ENDLICHERI 「2006秋」ライブレポ&感想

18:40位?開始 20:58終了 

ええっと…初めてのE1ブロック8列目(ブロック最終列・E2の通路側)だったのですが…。
映画とかも左側から観るのが好きなんですね、私v
で、ケリーライブはなぜか右側が多かったから、こっちの方が落ち着くなぁって思った。
あと、ひそかにDよりEが好きだったりします。
私の視力がいいからかもしれませんが、会場全体も、ステージ全体も、あますとこなく見れる。
よくステージ上の右と左でいろいろやってたりするじゃないですか?
あれが首を動かさなくても全部見えてお徳でしたv
ひそかにE3ブロとか最高かも。 あ、あくまで個人的意見。
(ってかさ、あまりにも近いと心臓止まると思ふ…。音楽を楽しむなら適度に離れた方がいい)

【オープニング】
今日は再追加公演に初めて行くお友達と一緒v
初めの映像観て「すごい」って呟いてました。
すっごく世界観がありますよね〜v 公式のHPも素敵だし♪
最後、「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」と文字が出るところで、みんなで拍手です。

【ENDLICHERI☆ENDLICHERI】
始めの照明がキレイ…白い光が上からと下から放たれ、ステージの延長線上のところで交差します。 この光が真っ直ぐに後ろまで届いていました。
あと、あれですね。始めの早い部分でもこっそり「The Rainbow Star」って何回か言ってます。
中間部の画面に映るエンドリケリーちゃんは、ものすっごい演技派ですねv みごとな泳ぎっぷりです。
いつも言ってるけど、ナナメに走る“ENDLICHERI☆ENDLICHERI”から、テンションMAXに上げました(笑) ハジけるぞーっ!って(爆笑)

【Blue Berry】
ケリーさん、今日は後ろ向きで立ってたー。曲にあわせて、ちまちまと振り向きますv 可愛いvvv
衣裳は昨日と一緒v ピンクのヘアバンドが可愛いv
そして今日の音は低音ー。凄く響いています♪
曲の途中、Rブロ側で挑発されたかしら?(←遠いからよく見えない)

指差しは、ケリーとコーラスさんは1本。昨日は1本じゃなかったから一応確認(笑)

みんなでジャンプするところ、今日はタイミングがわかりにくいーっ!ちゃんと飛んだけど(笑)
音が低音が多いっていうのもあるんだけど、ケリーが飛ぶとき、腰を入れてるのよね?
なんか変な動き(コラっ)が1回入るから、ケリーだけ見てるとタイミングが狂うのよ(苦笑) …楽しかったけどv

最後、昨日と同じようにチョコチョコと中央へ。

【闇喰いWind】
…関係ないけど書くね。面白かったから(笑) 私のライブのメモ書きのこの曲のところに「腰がぁ…」とだけ書いてあった(爆笑) 曲の感想書けって自分でツッコんじゃったよ(苦笑)
っていうか、むしろ腰は書かなくても思い出せるって(笑顔)  >変態。

曲は弾んでるんだけど、やっぱり低音が響いてます。
今日は(いつもだけど)一生懸命、リズミカルにやりましたーv
カルメンの手っぽく叩く所、好きです。会場中が揃って盛り上がりました♪
あ、そうそう。後方の席なのに、ノリのいい方が回りにたくさんいらっしゃったので、楽しかったです♪ …ラスト近いからかもしれないけどね。

で、腰ですね。今日も絶好調ですよ。そりゃもうメモに書くくらいですから(爆笑)
先生との絡みは、先生はちょっぴり横向きなんですね。…ギターを弾いてる手がきわどく当たりそうになっていて“きゃーっ”とか思っていました(苦笑)
ってか、振り過ぎです(断言)

【ナイトドライブ】
“触れるは僕の手” ⇒ “触れるは僕の愛” って歌ったのーvvv
しかも“あーい〜っ♪”って感じでv (←わかりにくいってw;)
もうねー、どうしようもなく素敵〜っ! 大好きだよーって思った。
ゆっくりと赤から青に変わる照明…。この時のケリーの歌声とあの素敵な景色は、ずっと忘れないと思う。

【メッセージ】
今日もいつもと同じようにボイスチェンジャーで低くて渋い声(笑顔)に変えています。
“Love... Love... Love... Love is the key.〜”

先生や十川さんや竹内さんはスティーヴさんが、素敵な音を奏でます。
そして、ホーン隊の“未知との遭遇”的なファンファーレ。

いつものメッセージがスクリーンに映し出されます。
「君と分かち合いたいものがある/音楽の喜び/未来への希望/愛の力」

【a happy love word】
今日のコーラスはりんこさんだったのーっ! 雰囲気ちが−うっ!
りんこさんの力強い声も、素敵ですvvv
昨日・今日って、お2人の違うバージョンのコーラスが聴けて、嬉しかったです。
それぞれに違う雰囲気。…こんなに素敵なお2人が、1つのステージに立つって凄いなぁ…って、改めて思いました。
ケリーさんも今日は大人なギターですねv 雰囲気があって、素敵…。
あ、ちょこっとだけ双眼鏡覗きました。最後だから、ケリーさんの顔を拝見しようと思って。
…はうっ! >覗いた瞬間、あまりのカッコよさに撃沈☆ 
あれですね…。顔が見えると途端にドッキドキですよ。あはは(苦笑)

いつも書こうと思って書かなかったけど、ケリーの最後のソロの前。曲が終わるときに、ステージの足元がレーザーの緑色で音にあわせて光ります。“パッパッパッパッ”って。 ・・・想い出の為に書いておく(苦笑)

【濡れ鼠】
昨日のポップな感じとは全く違い、“一歩先行く濡れ鼠”という感じでした。(←どんなん?)
音に大人な響きがある。歌詞の乗せかたも、すべてを悟った上で歌ってるって感じ。
…最初の頃の不安で切なくて苦しい歌い方じゃなくなってます。
でも、大人な感じの歌い方も素敵なんですよね〜(笑顔)

昨日も思ったんだけど、Tpの下神さん。最後の方でホーン隊が2人吹いてる間に楽器を持ち替えてる? 最後のTpがリズムから外れながら(いや、実際にはリズムにあってるんだけど、外れてるように聴こえる)演奏する所が好きです。この曲を一層引き立てます。

それから…声が枯れ気味だなって思った。ひそかに一番声の状態がでる曲かも?
(他はこの曲ほど感じない。凄いなって思います。ホント)
でも、その枯れ具合が素敵だったりもします。

【PINK】
今日は大人のピアノでした。…十川さんの心が表れてるみたいな音。
大きくて、広くて…。でも繊細で…。っていう感じ。
初めに前を向いているキーボードを弾いて、途中から横になってるピアノの音の鍵盤になるんだけど、両方とも優しい音…。 昨日とは全く違います。
素敵なピアノの十川さん双眼鏡で拝見。すっごく素敵ですv そんな十川さんを下で聴いてるケリーも素敵。(←ちょうどフレームの中に入る)
そんな雰囲気で曲が始まりました。
あいかわらずピンクに光るマイクスタンドに“ゾクっ”となりながら…。

これもいつも書いてなかったんだけど、間奏部分の先生のギターのソロのところ。先生に向かって下から細い緑っぽい棒みたいな光が伸びていきます。・・・これも想い出の為に書いておく(苦笑)

で。今日は…。
今まで泣かなかったところで泣いた…。
まさか泣くとは思ってもいなかったところ…。
この曲の間奏。(先生のソロの後ね)
音がすっごく切なくて。でも素敵に響いていて。
すっごくメンバーさんの気持ちが揃っていて。

けして、「今日が最後だ」とかそんな風に考えてもいないのに。(←考えたら泣くと思う)
勝手に涙が出てきました…。

そんな自分にビックリだったんだけど、
「この演奏なら、涙が零れ落ちるのもしかたがないな」って思って。
本当に素敵で。この魂の音楽が素敵で…。
この瞬間も忘れないと思う。

最後、“逆らって oh〜”と歌い終わった後、今日はマイクスタンドの上のマイク
に手を置いたまま、後ろに“バッ”と首を上げて、空を見上げていました…。

【街】
最初に黄緑っぽい色の照明がブワーと会場を包みます。
やっぱり今日は大人な雰囲気。昨日とは全然違う。

初めからマイクをスタンドから外して歌います。
最初、いつもみたいに髪を触って整えていて可愛いって思った。

初めから素敵に歌ってくれているんだけど、音が増えるにつれ、だんだんと感情がより一層強くなっていきます。
“近頃の空 やけに狭く映るな”で、Rブロ側を向いて上向きかげんで、手を空に添えて見上げます。
キレイ…。 もう、ホントそれだけ。 その姿が。歌が。世界が。キレイ…って思った。
そして“君も同じだろう 不安抱きしめてんだろう”でね…。“ぶわーっ”て涙が溢れました。
…でも。視線はステージ。まばたきすると、目全体が滲むから、見開いたまま。
この素敵な空間は絶対見たくて。…心に残しておきたくて。

“このカラダまだ行けるさ” ⇒ “死なないさ まだ行けるさ” って…。
さらに深い歌詞になっていました。
今だから歌える歌詞。そういう思いを超えて、過去になったから歌える歌詞だなって。
心が“ぎゅ〜ぅっ”てなりました…。
だんだんと音が増えていって、盛り上がる後半。そして…。
最後のシャウト。…今日も後ろを向いてたくさん“oh〜”と歌った後、その“oh〜”が、だんだん長めのものになり、最後の“oh〜”で身体を仰け反らせて歌うケリー。
今日も…。昨日以上にその声が素晴らしくて…。
私の心を、持って行きました…。
あまりにも凄すぎて、何も考えられない。
出るのは涙と、「凄い…」って言葉と、拍手。

今日も拍手が鳴り止みませんでした…。

ケリーが暗闇の中で「ありがとぉっ」て、今日も可愛く言った。

それでも拍手が鳴り止まず…。ますます大きくなります(苦笑)
うん。ホントその気持ちが、すっごくよく解ります。
私も心の中で拍手。(←ありがとうって言ってもらった後は拍手止めた。次の曲始められないと思ったから)

案の定、強引にスタート(汗) しかたがないです。
でも気持ちは伝わってると思います。

【See You In My Dream】
昨日も書いたけど、客席のダンスが可愛い♪ “痛いんだ”が特にカワイイ〜♪
 <メンバー紹介>
今日も1人1人大拍手ですーv
先生はマーチングバンドの指揮者のように、バトンみたいなのを右手で上下に振ります。もちろん左手は可愛く腰w 十川さんは今日も頭にクーさん乗せて、両手もクーさんなんだけど、頭のクーさん落ちたー(苦笑)紹介が終わった後、こっそり拾ってましたよん。「なんで落ちちゃったの?」って感じで(笑顔) Saxの竹野さんはやっぱり楽器にキスしてますねv 下神さんは楽器を置いて、大きく手を振ってくれますv サスケさんも楽器にキスかな?
今日もケリーの前で、客席が明るくなりますv はーいっ!私たちもメンバーですっ!(←激しい思い込み) でもホント、紹介してもらってる気持ちになる。・・・今日は特にEブロだったから、ホント会場が明るくなって、全員の後頭部(笑)が見えるんですもの。ステージからだったら、絶対に顔が見える。嬉しいなって思う瞬間。

ケリーのギター。今日はホント大人です。大人な響きです。
で、カッコよく・気持ちよくかき鳴らす後ろで、スティーヴさんが、ドラム缶をごそごそと後ろから持ってきて、横倒しにします。そこに腰掛ける(笑)そして、もう半分は竹内さんが座ったー(笑顔) 2人で“ちょこん”って座って、リズム取ってるのーっ!! か、かわいいv ケリーのギターが激しくなると、エアギターとエアドラムでセッションv お、おもしろいんですけど〜w そんなお2人が大好きですv

音を変えてセンターに歩いて行くんだけど・・・。あ、あのさー。普通に真っ直ぐに歩けないんですか〜(爆笑) だ、だってね。腰をね、“ぐりーんっ・ぐりーんっ”て回しながら歩くんですよーっ! でさ。センターで、ね。正面向いてよ。わざとっ!もう、ホントにわざとっ!!(←強調) ギターをずらして、モロ見えるようにして、腰を艶かしく(爆笑) “ぐりーーーんっ”て回すんだな、これが。(苦笑) だからね、ケリー。何度も言ってるけど、そんな子に育てた覚えはありませんっ!(笑) いやーっ、とにかく凄かった・・・。 いつも書かないけど“えろーい”(←あえてひらがな。カタカナで書くと検索にひっかかるんだな、これが(苦笑))を通り越したね。過去最高でした(苦笑)

ギター置いて、ステージからはけます。ドラム缶に座ってた2人も立って、それぞれ準備? スティーヴさんがいつもの位置にドラム缶をセットします。そこへ出てくるケリー。スティーヴさんがうっかり手を離してしまい、転がるドラム缶っ!っとそこにケリーが通りかかる〜っ! 思わぬドラム缶出現に、ケリーがコケる(爆笑) ジェスチャーでスティーヴさんに文句を言った後、もう一度ステージからはけてやり直す(笑) スティーヴさんは倒れて汚れてしまったドラム缶を、白いタオルで磨いてます。 そこへ出てくるケリー。しかーしっ!またまた手を滑らせてドラム缶を倒すスティーヴさん(爆笑) ケリーはドラム缶の上をマット運動の前転のようにかわし、前に転がります(笑) またまた文句をいうケリー。そしてやり直しの為に三度ステージからはけます(笑) 相変わらずスティーヴさんはタオルで拭き拭き。・・・もしや几帳面? ステージに出てくるケリー。しかし、何もしないスティーヴさん(笑) ケリーがジェスチャーで「なんで、倒さないの?ここは(笑い的に)倒す場所でしょ?」って言います。負けじとスティーヴさんもジェスチャーで対抗っ! そして、ケリーが無理やりドラム缶を引っぱって倒そうとします。負けじと応戦。 ドラム缶の奪い合いです(大爆笑) ってかね。奪おうとするケリーがすっごく可愛いのvvv ・・・最終的にケリーが勝って(笑)ドラム缶を倒すんだけど、倒した衝撃でよろける感じで、Lブロ側へ進み、ロンダートっ! Rブロに向かって歩いていって、ブレイクダンスっ! ほんのちょっぴりやって、シャツをズボンに入れ直す(笑) ・・・今日はすでにヘロヘロになったのか、(それとも昨日、本当に腰を痛めたのか...) ヨタヨタしながらセンターに戻り、ギターをかけます。 最後、ギターを鳴らし、“バタン”と後ろに膝をつく感じで倒れて、スポットが消えます。

変わりに出てきた先生ーv 今日も両手で客席を誘います(笑顔) そして演奏しだすギター。・・・って! “イン・ザ・ムード”じゃないですかーっ! “ティリリリッリッリ・ッリッリリリリリ・ティリリリリリッリ〜♪”ってヤツね。(←だからわからんってw;) あれです。“麒麟・淡麗<生>”のCMソングですっ! をノリノリで弾きますっ!! 昨日よりみんな知ってる曲だったから、笑いが起きてすっごい手拍子っ! ・・・ひとしきり弾いた後、自分の頭をポコンと殴りつつセンターへ(笑) “この曲じゃなかった。間違えちゃったー”みたいなv(笑顔) センターでいつものように優香さんとTAMAさんの手を取り(←なぜか今日は笑いが起きたような?)立たせてステージに導きますv 演奏スタートっ!

何度見てもケリーのダンスは素敵ですね〜♪ カッコいいvvv 優香さんとTAMAさんのダンスも最高ですーっ!
・・・今日は、私的最終日だったし、通路側だったので、一緒になって踊りました〜♪ “タッ・タッ・タッ・タータタタタタ”で腕の動き。“タタッタッタッタッタ・ターリラタッタッタ♪”で足のブルブルですねっ☆ ・・・さすがにあそこまで腰は落とせませんが(苦笑)
Lブロ側で踊りながら向かう時のケリーが、好きだったりしますv 背中向けて、一周まわりながら来るでしょ?可愛いーv
Lブロでのダンスv 両手を下にして股の前で握り(←って書くと、ちょっとあやしい!?)足を後ろに可愛く蹴り上げながら踊ってる3人が可愛いvvv エアドラム・エアギター・エアキーボードをやった後、縦一列になり、激しく踊るところがまたまたカッコいい〜♪ 好きーっv

【Saturday】
今日は見たっ!曲に入った直後、先生が被り物取ったー。演奏しなきゃいけない中でよく取れるなぁって思ったよv 
っていうか、この曲楽しいね〜♪ 手はキツネで右左って大きく振るの〜♪ それをほぼ曲の間やってるのv
客席だけじゃなく、ステージもノリノリよね〜♪

【Chance Comes Knocking.】
本日、私的最終“音楽最高っ!”の時間がやってきましたーっ!弾けますよ〜っ♪
足でリズムを取りながら、手をしたから上へ上げるダンスは、ノリノリでやりましたーっ! “Chance Comes Knocking”の所の手の振りもバッチリよーっ! 一つ一つに魂入ってます(笑)
そして今夜も“チャカリンナイト” イェイっ☆
初めはコントみたいに歌ってた(笑顔) どこまで高い声が出るかとか、どこまで低い声が出るかとか競ってた(笑) …で、なかなかツッコミが入らなくて途中で2人も疲れちゃって、思わずりんこさん。「まだやる?」って聞きますw もちろん会場は「イエーイっ!」 またノリノリで歌い始めて、しばらくやるんだけど、放置(笑) で、りんこさん「誰も止めてくれないっ」って(爆笑)
ケリーがスティーヴさんに腕時計を指すしぐさ。“時間がなーい”とジェスチャし、スティーヴさんが“わかった”って、2人を止めに行きます(笑) しかし「止めてくれない」って言ってたのに、実際に止めに来たら無視(爆笑) もうホント完全無視されるから、一回自分のパーカッションの所に戻って、昨日自分が叩かれたカウベル(←黒くて鈴のデッカイ感じの形のやつ。スティックで叩いて音を出します)を持ってきて、“カンカンカンっ!”って叩きます(爆笑) 

今日の会場との掛け合い。今日はいつもと違かったー。
“I want to love.” とか “We want to love.” とか “We love music.”などを輪唱しますv こちらの方が歌いやすい〜♪楽しーっ♪ そして“らびゅ、らびゅケリー”を歌って、竹内さんのラップにバトンタッチっ!
“I say ENDLI、You say CHERI”
“ENDLI♪”“CHERI♪”“ENDLI♪”“CHERI♪”そして、“最高〜っ♪”“最高〜っ♪”って歌いますっv あとはラップ。なんか、ラップの時のりんこさんとか歌声が入ってくる。・・・ピッタリ合ってて凄いなって思った。 竹内さんのラップ、“100回公演”とか“ここで得た愛・放て愛”とか歌っていたと思う。そういう感じの、めちゃくちゃカッコいいラップでした♪

横一列になって、“ダダン・ダン・ダン・ダ♪”のジャンプっ! 最後だから気合入れて飛びまーすっ! ・・・まだ飛びまーすっ! ・・・まだまだ飛びまーすっ・・・。 って、なーがーいーっ!!! 過去最高に長いですーーーっ! 先生とか今日も遊んじゃってるじゃないですかぁ〜っ!(笑顔) しーかーもっ! ケリーは十川さんの所へ上っていく・・・。 え? 座って弾いていた十川さんが立ち上がり、ステージに平行になってるキーボードで演奏しだすケリー(笑顔) しかも楽しそうで、「こちらが飛んでるの忘れてない?」ってくらい長い時間弾いてる・・・(苦笑) あ、あのーっ・・・。さすがに厳しくなってきましたーっ。ってところで戻ってきた。 ・・・その間、ずっと歌ってるCHAKAさんとりんこさんとスティーヴさんは、やっぱり凄いなぁ〜。
“I wanna take you. ハイヤー♪” に行くんだけど、今日は拍数を変えてきたーっ! しかも歌詞(?)も。 4拍分で“I wanna take you. ハイヤー♪” っていうんだけど、今日は“I(あーい)”だけで4拍。“wanna take you. ハイヤー♪”で4拍。ちょっぴりタイミングが取りにくいよぉ〜(苦笑)イヤイヤ、大丈夫だけど。 っていうか、“I がな take you”って言ったんだけど・・・。“がな”なんですか? ってことは私が思っていた英語と違うってこと? わかんなーいっ(苦笑) このいつもとリズムが違うバージョンを4〜5回やった後、昨日と同じように“ハイヤー”の変わりに“愛を〜”って歌ってきます。
 “愛を〜” “愛を〜”
 “鳴らせ〜” “鳴らせ〜”
 “愛を〜” “愛を〜”
 “放て〜” “放て〜”
今日も素敵です・・・v 愛に溢れてるよぉ〜。
そして、歌に戻って“ハイヤー”の後、最後のしめの為にステージを上っていきます。 今日はケリーからCHAKAさん読んでマイクを差し出してもらいます。 そして・・・。

 アカペラでケリーと会場で歌います。
 “愛を〜” “愛を〜”
 “愛を〜” “愛を〜”
 “鳴らせ〜” “鳴らせ〜”
 “愛に〜” “愛に〜”
 “なれ〜” “なれ〜”
 “生きて〜” “生きて〜”
 “愛になれ〜” “愛になれ〜”
 間髪いれずに、「と言うわけで、愛してますっ」 ってーっ!!!!  きゃ〜っvvv
 や、やられた・・・。

締めのジャンプ。ギターにちゅぅv 暗転。

そして鳴り止まない拍手ーっ!!

ホント拍手が鳴り止まないので、暗いままケリーが話します。

 「今日、男はどれくらい来てるの?」  ”おぉ〜” すごーくたくさんいらっしゃいますv
 「いいねぇ〜。 じゃぁ、男だけでケリーって言ってみて。どーぞっ。」  “ケリー”
 「おお〜。いいね〜。 じゃあ、女の子だけでいってみようか?」  “ケリーっ!”
 「女・子供はすっこんでろっ!」  えぇ〜っ。とか笑い声とか。 先生が笑ってます(笑)
 「うそうそうそ。間違えたw はい、どーぞっ。」  “ケリーっ!”
 「女はすっこんでろっ!」  また、えぇ〜っ。とか笑い声。 先生は笑い転げてます(笑)
 「んふふ☆ うそうそうそw はい、どーぞっ。」 (めちゃくちゃ楽しそうv そして可愛い言い方v) “ケリーっ!”
 「心から、愛してますよ〜」  きゃーっvvv

 「君たちの愛を・・・。僕のケツの割れ目に突き刺して」 きゃーっ! け、ケツですかぁ〜(苦笑)
 「OK? ケツの割れ目は後ろだから、結構難しいよ〜(笑)」
 「じゃあ、ケツの割れ目に愛をよろしく〜っv」 な、なんですかー。ケツの割れ目って〜っ!!
 む、難しいじゃないですかぁ〜っ! (←そういう問題か!?)

【Six Pack】
最後のジャンプですっ!ひな壇だって事を忘れてジャンプっ!!
初めにLブロ側に来る時、ケリーが正面ーっ!
正面で歌ってくれるから、目が合ったと錯覚v ・・・わかってるって。Eブロじゃ、目は合いません(苦笑) でも明らかに、こっちを見てくれた瞬間があって、本気で嬉しかったのーvvv  >痛。
Rブロに行く時の、2番に入る前のジャンプ。飛ぶ瞬間に「愛をっ…」って言ってジャンプっ!
その後は合間に「愛を」って入れて歌ってましたよv すっごく素敵でしたv

【The Rainbow Star】
“見えない愛に(心に?)虹を架けろ”
最後、本当に愛を投げながら踊りました。

間奏部分で、凄い勢いでケリーを追いかける先生v 必死で逃げるケリー(笑) クルクル回りながらマイクのコードをさばくv か、カッコいいv っていうか、すっごくいい笑顔〜っ! 楽しいよねv 私も楽しい〜っ♪

“牡羊座の傍浮かぶ”で空を指したよーっvvv 

会場もピョンピョン。ステージもピョンピョンして、ノリノリの最後。
“サンキューっ”って言って、ステージからはけます。

今日も半分位の方は立ったまま。すぐにケリーコールが起きます。
“ケリー・チャチャチャ♪”
チューニングが終わり、すぐに出てきてくれました。


【新曲】
昨日と同様、今日もすっごく素敵です・・・。
もうね。あのタンクの、この曲の空間の全てを、私の記憶に残したいって思った…。
だんだん盛り上がる曲。
最後まで、涙を堪えて観ていました・・・。
最後のサビの所で、“美しく在る為に”で使っていた、後光の差すライトが付きます。
ちょうど、その白い光の延長線上に私がいて、回る光が私の目に入る瞬間があります。
まるでだんだんと、光に包まれていってるみたい・・・。

曲の最後、ケリーがシャウトし、空を見上げたまま、後光の光の中に消えていきました・・・。
最後はシルエットで深々とお辞儀です。

ホント、私の夢の中へ消えていく感じで・・・。
あぁ・・・。ありがとう・・・。って。心の中で呟いていました・・・。

【MC】
本日もニュアンスです。申し訳ないです。

 今まで、いろんな方と出会い、そして会わなくなった人もいます。
 人に傷をつけられ、人を傷つけたりしてきたけれど、救ってくれたのは愛でした。

 18歳〜23歳くらいまで、愛があるゆえに...優しさゆえに...、
 その愛が怖くて、誰とも会えず、家で1人で過ごしました。
 ・・・家族も呼べない時期もありました。

 僕の中では(過去の事は)消化されていて、今の僕を支えてくれています。

 僕はここ数年泣いていません。…それは悲しいことだとは思うのだけど
 今が自分にとって泣く時でないからだと思います。
 いつか、素敵な涙が流せるといいなって思っています。

 今年の初めに母が入院し、不安の中でステージに立ったりしたけれども、
 僕の歌が、ステージから母へ。そして、たくさんの人に届いて
 心の花を咲かすことが出来たらと思っていました。

 人が人を愛し、新しい命が産まれ、小さな命を愛し、たくさんの愛をそそぎ、
 自分も愛を知る。 そして、その小さな愛が成長し、また愛を繋ぐ・・・。
 僕は母からたくさんの大きな愛に包まれて育ててもらいました。

 アーティストとして...男として、堂本剛の愛の全てが正しいとは思っていないけれど、
 世界が大きく変わるとも思っていないけれども、
 僕が歌うことで、みなさんの生活の中の少しでも何かが変わればと思う。
 そしていつか綺麗な花が咲くことが出来たらと思う。

 今日は本当に、ありがとうございました。

ケリーとメンバーさんがステージからいなくなり、クーさんとエンドロールが始まります。
今日は・・・いつも以上にずっと拍手が鳴り止まなかった。私も座ることを忘れて拍手。
でも...最後のMCでグっと来てしまい、座って涙を拭いながら、ゆっくりと言葉を噛み締めていました。
最後、「ENDLICHERI☆ENDLICHERI Produced by Tsuyoshi Domoto」の文字で拍手。
-------------------------------------------------------------------
本当に、素敵なライブでした・・・。
終わってしばらくは、何も考えられなかった・・・。
ケリーは私の最後のライブに、必要な言葉や音楽を投げてくれました。
私の席から観て、夢の中に戻っていくような演出になっていたのは偶然。
でも。それが現実に戻してくれる一歩でした。

いろいろ思うことはあったけど、MCを聴いて思ったのは“子供が欲しい”かもって思った事。 そんな素敵な愛を繋ぐ母親になりたいって思った。
ま、こればっかりは授かるものだから。授かったときには今日のMCを思い出そうって思った。 素敵な親になれるように。素敵な子供に育つように・・・。


振り返れば12公演。…私が参加したライブの数。
たくさん行くことが出来たんだなぁ・・・。って改めて思った。
いただいた12回の愛。 そして、お裾分けをいただいた14回+αの愛(音漏れねw)
1日1日感謝。参加してない日も感謝。
みなとみらいという場所で、7ヶ月もの間、素敵な音楽を・・・愛を伝えてくれてありがとう。
私の人生の中で、何かが大きく変わりました。
素敵に変わることが出来ました。

ケリー。本当にありがとう。
言葉ではお礼は言い表わせないけれど・・・。本当にどうもありがとう。
素敵な音楽を奏でてくださった、バンドメンバーの皆さま。
それぞれにお忙しい中、タンクで愛の曲を奏でてくださって、ありがとうございます。
そして、スタッフ・関係者の皆さま。
いろいろと影で支えてくださって、ありがとうございます。
いつも気持ちよく、参加することができました。

“ありがとう”のお礼の言葉は言い足りないけれど・・・。

今日のライブが私のラストでよかった。
大切な宝物をたくさん、たくさんいただきました。
本当に、どうもありがとう。

これからの生活の中で。ふっと思い出したりしながら過ごしていきたいと思います。

心から、ありがとう・・・。 ありがとう・・・。
-------------------------------------------------------------------
【セットリスト】
<オープニング>
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
Blue Berry
闇喰いWind
ナイトドライブ
<メッセージ>
a happy love word
濡れ鼠
PINK

See You In My Dream
<メンバー紹介>
Saturday
Chance Comes Knocking.
Six Pack
The Rainbow Star

[アンコール]
新曲
<MC>
<エンディング>

【メンバー(10/26)】
Vocal ENDLICHERI☆ENDLICHERI
Guitar 西川進
Guitar 竹内朋康
Bass 上田ケンジ
Keyboards 十川知司
Drums ひぐちしょうこ
Percussion STEVE ETO
Trumpet 下神竜哉
Trombone SASUKE
Sax 竹野昌邦
Chorus 浦嶋りんこ
Chorus CHAKA
Chorus 松本優香
Chorus TAMA
Manipulator 鹿島邦裕
(敬称略)
03:05 | The Rainbow Star:感想レポ | comments(0) | - | web拍手☆彡
スポンサーサイト
03:05 | - | - | - | web拍手☆彡

この記事に対するコメント

コメントする










(*注)urlを入力せずにemailを入力されますと、お名前のリンクにメールアドレスが表示されてしまいますのでご注意ください。sakurabiからメールにて連絡を必要とされる場合で、ご自分のブログやサイトをお持ちでない方は http://sakurabi.jugem.jp/ のurlをご利用下さい。

【Information】
<参加日>
過去と未来(笑)の記録