広告収入 サイドビジネス 愛のない魂はないさ | sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログの別館です。
ENDLICHERI☆ENDLICHERI・KinKi Kids・嵐のつれづれニッキ。
2006/04/10開設−2008/04/10休止中
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | web拍手☆彡
<< 晴れてきたよ | main | ドキドキ… >>
愛のない魂はないさ
10/25 ライブ直前のタンク☆
061025

数えたくはないけれど。あと4回。
その気持ちはメンバーさんもケリーもきっとそうで。
残り少ないライブの空気があった。
…少しの緊張と、たくさんの愛。愛。愛...。
今日はケリーからの愛だけじゃなくて、会場からの愛も凄かった。
今日だけの、愛のパワーが満ちていたんだ。

10月25日のライブに行ってきました。

以下はネタバレ&感想です。
-------------------------------------------------------------------
10月25日(水) 97公演目(再追加:21公演目)
ENDLICHERI☆ENDLICHERI 「2006秋」ライブレポ&感想

18:40位?開始 20:55終了  

席はDブロ4列目でしたv Dブロは全体を見ることが出来て好きですv
通路側だったんだけど、関係者しか入れないところで数人ライブを聴いていらっしゃいました。
35分位から手拍子が始まりました。

【オープニング】
今日も湖から龍が気持ちよさそうに泳いで稲妻。
「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」と映し出され、拍手。

【ENDLICHERI☆ENDLICHERI】
中間部の静かなところ。エンドリケリーとケリーのギターを弾いてる写真が出る前のところで、左右対称に映し出される模様があります。…白い紙に絵の具をたらして、半分に折って広げるって感じの模様です。初めて気がつきました。
「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」の文字がナナメに走る時は、いつ見ても興奮v
「The Rainbow Star」と文字とケリーの歌声があり、機械な感じの歌声。

【Blue Berry】
ステージが明るくなります。ケリーはミニステージに脚を広げて座ってます。
だんだんとノリノリv あ、ピンクのラメラメスーツにピンクのヘアーバンド。 鉢巻のように巻いていますv なんだか可愛いv
そして歌いだす声…。ドキドキします。 うん。今日の声はこの間より出ている感じがします。…100%ではないかもしれないけど。 みんなでジャンプする前の、オープニングのように天に指差しするところ。もしかして4本になっていました?(←コーラスの2人。ケリーも?) 遠目だから確認できなかったけれど1本でなかったのは確か。
あいかわらずRブロで“おっおっおーぃ♪”は絶好調(笑)
途中、ステージ真ん中でも絶好調でした(苦笑)

【闇喰いWind】
ええっとぉ・・・。いつから後ろ向きになったんですか?(苦笑)
先生との絡み、ケリーから近寄っていって、先生の前で“くるっ”てお尻を向けます(爆) 先生はケリーの背中にもたれるようにしてギターを弾くの…。 ケリーはケリーで腰を振ってるし…(苦笑) だんだんと激しさを増していくのは何故ですか〜?(汗)
…かなりヤバいです。

【ナイトドライブ】
毎回書いてるけど“赤から青に変わる間に キスしない? キスしよう”の歌い方と照明が凄く好きです。素敵だな〜って思う。
“そうだこの地球”で、右手を空にかざしたのが印象的。キレイ…って思った。
“その後にまた幸せはくる 識ってる 僕らは…”のピンクの照明も好きです。なんだか守られているようで。
最後のサビの高音も素敵ですv 綺麗に響いていました。
最後の最後“キスしよう。”の歌い方がね...。歌っていうより、そう囁いているかのように聞こえた。まるで自分に言ってくれてるかのようでした(←放置です)
でも、ホントにそういう歌い方でした。

【メッセージ】
ボイスチェンジャーの声。低くて渋い感じの声です。
いつもより感情がこもってる感じでした。
“Love... Love... Love is the key.〜”というふうに“Love”ってたくさん言っていました。

いつものメッセージがスクリーンに映し出されます。
「君と分かち合いたいものがある/音楽の喜び/未来への希望/愛の力」

【a happy love word】
CHAKAさんのコーラス、いつもはケリーの歌と掛け合う様な感じの歌い方なのですが、今日はいつもより優しく、語りかけているかのようでした。これも凄く素敵ですv
ギターを弾くケリーの影が素敵…。影だけみても綺麗…。
そして、この曲のケリーのソロから、“残り4公演”を感じました…。
なんかね、最初60年代風?って思った。んだけど、それ以上にポップな感じがしました。

【濡れ鼠】
そのポップな感じのまま、この曲が始まります。STEVEさんのドラム缶で。
うん。曲のアレンジが前より変わってた。…すごくポップな感じ。
今日は切なさは、なかった。“残り4公演。楽しく行こうよ”って感じの雰囲気。…歌詞は切ないけれど(苦笑)
あと、この曲でケリーの声が凄く出てるなって思いました。声がノッてきた感じです。「あぁ、凄いなぁ」って思った。 とっても素敵な歌声でした。

【PINK】
十川さんのソロ。始めは客席側のキーボードで。機械的な音の旋律。綺麗だけど儚いような…。そして横のピアノの音がする鍵盤へ…。素敵な音が響きます。
ピンクに光るマイクスタンド…。今日も“ゾクっ”てしました。
始め、静かな感じで歌うケリー。だんだんと音が重なって、先生のかき鳴らすギター。後半に向かって盛り上がっていく曲…。素敵です。
最後、“逆らって oh〜”と歌い終わった後、マイクスタンドの上のマイクに手を置いたまま、“バッ”と首を左ナナメしたに落とす仕草に胸が“きゅん”ってなりました…。
あぁ、仕草までのカッコいい…。

【街】
この曲も前よりポップな感じにアレンジされていました。
ケリーの低い声が素敵…v とっても好きです。
ひと言ひと言、語りかけるような歌い方。スタンドから外したマイクをもって、うつむき加減で、身体がゆったりと揺れながら…。
そして…
“この身体まだいけるさ”を“愛のない魂はないさ”って歌ったの…。
“ぐぐぐっ…”てケリーに引っぱられた。この歌詞で。
また好きになってしまった。胸にズンと来て、ぶわ〜って全身に広がる感じがしました。
そのあとのシャウト。…後ろを向いて“oh〜”と身体を仰け反らせて歌うケリー。
その声が素晴らしくて…。もう、ホント、それだけでも涙が出るくらい素晴らしくて…。

拍手が鳴り止みませんでした…。

近くの方が数人「凄い…」とだけ言葉を発しました。
うん。本当に「凄い…」 口から出るのはその言葉だけです…。

…あまりにも鳴り止まないのでケリーが「ご清聴ありがとうございます」って可愛く言った。あの素晴らしい歌を歌う人がこんな可愛いことも言う。あぁん。凄く好きです。


【See You In My Dream】
歓声が収まって、一瞬シーンとしたところで始まりました。素敵な始まり方でした。
コーラスさん出てきて踊りますv “See You〜”の振り付けを踊ってる客席を後ろからみると可愛いですねv特に“痛いんだ”の所w
 <メンバー紹介>
今日も1人1人大拍手です〜v メンバーさんも結構真面目に(笑)演奏していらっしゃいましたv 先生はステージの前まで出てきて、足を片方だけ客席側に下ろしてもう片方は膝を抱える感じで座っていて、赤いジュリセン(←羽の扇子)で顔を隠してましたv 十川さんは頭の上にクーさんのせて、両手にクーさんの中に手をいれて、キーボードを演奏します(笑顔)“タンタンタン・タタンタタン♪”ってv Saxの竹野さん、いつもクールな感じなんですけど、今日は楽器にキスをしていました(←そういう風に見えました)素敵だなって思いました。…ケリーのライブで変わっていくメンバーの方々に出会えた気がします。素敵なメンバーだなって、改めて思いました。
ケリー1人を残すところで、会場のライトが付きます。・・・ホント、私たちも音楽を奏でてる一部って感じがします。ステージと会場の温度がより一層同じになる瞬間。
凄く素敵で、凄く好きな瞬間。会場の拍手する手が温かいんです。
ケリーのソロ。おぉ。やっぱりポップな感じ。しばらく弾いた後は曲を作っているかのような演奏をします。そしてエフェクターを踏んだり離したりして音を出したり出さなかったり(笑)見た目、空振りしてる感じ。で、いろいろ弾いてたんだけど、いきなりエフェクター踏んで音を止めちゃいます(笑) 下を向いてため息?“フー”って。そして右と左と真ん中もあるのかな?のエフェクターを踏んで、ハウリング寸前のキーンとミョンミョンとドドドドっとした音を出します。(←どんな音だ?ギターじゃないような機械の音な感じ。表現出来ません…w;)で、いつもギターを床に置くんだけど、今日は見たっ! 降ろす前にピックを口にくわえたーっ!! う、うわーいv(←私的萌ポインツw) ずきゅんと来ました(笑) あ、ケリーのソロの時、STEVEさん音にあわせてピョンピョンとリズムを取ったりしたあと、十川さんの所へ行ってましたw ケリーが一度ステージからはけます。会場手拍子w スキップな感じで出てきて、真ん中あたりからツーステップのように軽く助走をつけてロンダート!エンドリの被り物の尻尾が前にかかり、後ろにはらいます(笑)そしてシャツをズボンの中に入れなおす。 同じようにRブロ側に向けて、スキップ→ツーステップ→ロンダート→尻尾をはらう(笑)入れなおす。 もう一回Lブロに向けてやって、床のダンス。…なんていうんだっけ、床で体をつけて足で回るやつ。あ、ブレイクダンスだ(苦笑) ブレイクダンスっぽい感じ(←あんまし出来てないw;)で踊って、立ち上がって“フーっ”てため息(笑) 出来なかったのと、疲れた感じで。 拍手でおだてて(笑)促すとRブロの方にやってきて、右足を伸ばして左足は膝を曲げて座って、腕を前に伸ばしたり曲げたりして準備運動(笑) “よっ”て左手をつきながら回って起きようとするんだけど、…まあ起きれたんだけど、ちょっぴりグダグダな感じ(笑) 失笑っぽい笑いと拍手が会場から起きたんだけど、ケリーは腰を本気で痛めたみたいで左手を左側の腰に当ててました…。大丈夫? その後ギターを掛けてミニステージへ。なんでだったか忘れちゃったけど、手拍子(拍手?)がおこっていて、それにあわせてケリーが痛い腰に左手を2回ポンポン。そして左側に手を伸ばしたの。え?今の何?って思ったらもう一回やったv “痛いの痛いの飛んでいけー”だったよ〜vvv めちゃめちゃ可愛いv ギターを鳴らして終わります。
入れ替わりで出てくる先生。 あ、あれ?スフィンクスの被り物?(遠目なのよ〜、双眼鏡ないし。でもそう見えるw)で出てきますv また両手で“カモーン”て客席を誘います(笑) ギターを弾くんだけど、曲が007?だっけ?なんだっけ?あの曲。なんかの映画の有名な曲。“ダンダダダンダー・ダンダンダ・ダンダダダンダー・ダンダンダ♪ピロー・ピロピロ♪”ってやつ。…え?わからんって?…まあ、その曲をいきなり奏でるんだけど、しばらく演奏した後、“違ーう”って手を振りながらセンターへ(笑) あれ?先生から始めたのに〜(笑) センターでイナバウアーを披露♪ いつぞやの写真より反っていらっしゃいましたv センターで背中合わせに座ってる素敵なダンサーさん2人の前に立ち膝になって両手で手を取り、ステージへ促します。 後ろにケリーがいるんだけど、やたらとシャツをズボンに入れてます…。 ズボンがゆるいのかな?って思った。きっと痩せたんだよね…。うーん。心配。
アラビアンなリズムにあわせてダンシング♪ この音楽とダンスが好き〜v スペースがあったら踊りたい(笑)へなちょこですけどw
Lブロに移動してのダンスが激しいですw あ、あれですね、“エアドラム・エアギター・エアキーボード”を演奏していらっしゃいます。“エアドラム”でした(苦笑)

【Saturday】
ノリノリですv 手がキツネで右左に手をフリフリ〜♪
きっと私、ニコニコ顔だったと思いますv
…あとは記憶があまりない...(苦笑)

【Chance Comes Knocking.】
本日もやってきました、「音楽万歳っ!」…じゃなかった、「音楽最高っ!」の時間です♪
本日はチャカリンナイトですっ!
会場、大歓声と拍手で2人を迎えますv CHAKAさんが歌いだして、拍手が手拍子に(笑顔) 客席があおるあおる(笑) 優香さんとTAMAさんが、それぞれに“女王様、どうぞ”的なポーズでマイクを差し出しますw お互いの名前を歌いながら降りていく2人v りんこさんは低い声を出したりしてめちゃくちゃ楽しそう♪っていうか楽しいー♪ ケリーも半分客席にお尻を向けて、そんな2人を笑顔で見てますv …でも、2人の暴走(!)が長いので、時間を気にします(笑) STEVEさんの所にいって、自分の腕時計を指し「時間がぁ〜っ!」みたいにやります。STEVEさんも同じように時計をさして、「そろそろヤバいよね…。俺止めるわ」みたいな雰囲気でジェスチャーでトークして、STEVEさんがノリノリのチャカリンに近づきます。 止めようとするんだけど、2人にマイクを差し出され、歌っちゃうSTEVEさん(笑) あれ?ってなるケリー(笑) で、しょうがないので名越さんの所へ行って、「時間がぁ〜っ!」ジェスチャー。名越さん、止めに行くけどチャカリン&STEVEさんは強敵で止まらない(笑) その場から離れる名越さん…。あ、あれ?あきらめちゃった?って思ったら、STEVEさんの打楽器の中から、カウベル(←黒くて鈴のデッカイ感じの形のやつ。スティックで叩いて音を出します)を持ってきて、それぞれの頭の上で1発ずつ“カンっ!カンっ!カンっ!”って鳴らします(爆笑)
暴走が止まる3人。めっち笑顔のケリー。可愛い〜v

“I say the funk. You say the funk.”って歌ってるのかな?今だにわからない(汗)
その後に“らびゅ、らびゅ、ケリー♪”そしてそして、“Kiss me Kiss me ケリー♪”もv
“Kiss me〜”って歌いだした途端にマイクによっていくケリー。 きゃぁ〜っvvv
そして…2回投げキッスv あとは乱暴に投げる感じで3回位。1回は股の下から投げてみたり(笑)最後の1回は後ろに向いて、メンバーに向かってv CHAKAさんがキャッチしていましたv …あとからゆっくりと手を広げていましたが(笑)

全員前に出てきて1列に並び、“ダダン・ダン・ダン・ダ♪”のジャンプw
ホーン隊は今日もパーカッションを奪って演奏w
…なんだか、えらい長い間飛んでいましたが(汗) 先生がケンジさんとか優香さんとTAMAさんと遊び出しちゃったじゃないですかぁ〜(笑) …しかしその間、ジャンプをしながら歌ってるCHAKAさんとりんこさんは凄いですっ! あ、STEVEさんもv
ようやっとケリーがセンターへ(笑)

あっ!前から言っていた“ハイヤー”の前に言っている英語は“I wanna take you. ”ですね?
…私にはそう聴こえるんですが...。どうでしょ?
ケリーが“I wanna take you. ハイヤー♪” みんなで“ハイヤー♪”
常にジャンプしながらよw リズム感が大切v 油断すると間違えるから〜(苦笑)
しばらくやったらケリーが“ハイヤー”の変わりに“愛を〜”って歌ってきたっ!
 “愛を〜” “愛を〜”
 “鳴らせ〜” “鳴らせ〜”
 “愛を〜” “愛を〜”
 “放て〜” “放て〜”
おおっ…。凄いです…。凄く素敵なんです…。会場が一体になってるの。愛が溢れてるの…。
まさにケリーの世界へ…。音楽の素敵な愛の世界へ連れていかれました...。

歌に戻って“ハイヤー♪”の後、ケリーが身軽にミニステージに登っていきます。
すっごくよかったから、登ったケリーに催促されてないのにCHAKAさん自らマイクを向けます(笑顔) ケリーがお話をしてくれましたv

 I love you   きゃ〜v
 I love you   きゃ〜っv
 You love me?  イエ〜イv
 I love me  (笑)  可愛い言い方ですv
 I love music  おぉ〜っ!
 I love … 人間  (笑) なぜ日本語? でも可愛い言い方でしたv
 I love ムカツクヤツ とか ダイキライナ人 とか ニドトカオモミタクナイ人 とかを言って、
 I like very much … 優しい愛に溢れた人
 「…むかつくこともあるけれど、やっぱり人間は素晴らしいし愛に溢れてるってこと」(みたいなニュアンスw;)
 「またどこかで愛し合えるといいねv」  うんっ!そうだねvvv
 「(みんなで)天に手をかざして、そろそろ(次へ)いこうか〜っ」
っていって、客席もメンバーも手を上げます。みんなで高々と未来の光の方へ…。(ケリーへ、ともいうv) ケリーが演奏してみんなは上げた手で拍手。 締めのジャンプをして、ケリーは前へ。
ギターに“ちゅっ”と音がするキスをしましたv

ステージが暗転して、次の曲に行く準備をしてるんだけど、すっごく盛り上がったので、「ケリー」って呼ぶ声がたくさんあったのね。その呼ぶ声は「愛をありがとう〜」といっているような呼び方だったし、興奮状態だからいい感じだったのね。会場の盛り上がりが伝わってくる「ケリー」という呼び声。 で、準備が終わったみたいでケリーが「そんなに呼ばなくても僕はここにいるよっ〜♪」って可愛く言った後(あ、ケリーはメンバーの方向いてたんだけど、しゃべりだしたらスポットライトがあたってたw) そして「女・子供はすっこんでろっ!」って言われたぁ〜。でも、すぐに「コレ今僕のブームねv んふふ☆ 覚えておいてねv」だってさぁ〜vvv めちゃめちゃ可愛いんですけどぉ〜v 言い終わった後にスポットが絞り込まれてお尻のあたりで消えるのも可愛いんですけど〜(←え?)
「じゃぁ、ラストの曲いこっか」

【Six Pack】
今日は飛びましたっ!しっかり膝を入れて(爆笑) 段があろうと関係無しっ!
楽しい、楽しい、楽しい〜っvvv  >ほっておいて(汗)
“僕はLoveに対して持ってんだ”からの両手を上げて左右に振る手を見ていると、
みんながすっごく楽しそうで「本当に素敵だなぁ〜っ」て思っていました。

【The Rainbow Star】
「愛で奇跡の虹を架けろ」 うん。また素敵な愛で奇跡の虹を架けようねv
この曲も会場が一体となっていて好きv 七色の照明もキレイだけど、この曲は照明が暗くなったり赤くなったり明るくなったりといろいろで素敵です。

最後、バイバイって手を振って、はけます。


客席、すぐにケリーコール。半分くらいの方は立ったままでした。

<アンコール>
【新曲】
曲が始まる前、数秒の間がよかった。無音。
一気にこの曲の世界の温度になります。
STEVEさんの水の音。今日は“ジャバジャバ”とした感じ。大きめで。
ケリーのフィンガーシンバルも素敵に響きます。
あれですね、叩くときにマイクから離したところで叩くんだけど(音を拾わないようにするためにね)身体をねじって、後ろに叩いて、ゆっくりとマイクに近づける…。 そういう1つ1つの動作が凄くキレイ…。
その後、先生が弓を使ってギターを弾くんだけど、まるでチェロ。持ち方も直角に近い感じで持っていて、ギターじゃない感じの音がします。
どんどんと増えていく音。 そしてケリーの歌いだし。
…また雰囲気が変わりましたね。始めの頃の低い歌いだしが好きだったりしますが、今の“くるん”と上から降ってくる感じの歌い方も好きです。
“空がなくから”のところでは、鈴のような優しい音が鳴り響いています。
…泣いているんだね。空が。 どこから聞こえてくるのかな?STEVEさんは違う楽器を叩いてるし…。
“あなた恋したい”というフレーズで左手を客席の方へ伸ばします…。
そのあとに続く“空がなくから”で手を空へ…。
ゆったりと流れる曲とあなたのその優しい動きをずっと見ていたいと思った…。
私の中で大切にしたい瞬間です。
最後のシャウト…。街と同様、凄い。 ホント、凄い…。 
歌い終えて上を見続けるケリー…。
曲が終わり、深々と頭を下げます。

【MC】
ええっと…。前にちょっぴりいろいろ(←どっち?)悩んだけど、書きます。
ニュアンスで申し訳ないです。

 こんなにも長い間、みなさんの前で歌うことが出来ていますが、始めは不安でした。
 堂本剛として、ENDLICHERIとして、僕の音楽を、アートを、愛を、魂を、血液を...
 感じてもらえるか。わかってもらえるか分からなかった。
 でもこうして、皆さまやたくさんの方々に愛をかけてもらい、歌ってくることが出来ました。

 今後、何を歌っていったらいいか分からなくなることがあります。…それは愛が複雑だから。
 でも、だからこそ愛を歌っていこうと思います。

 僕は18〜23歳くらいまでの間、命に対して失礼な思いを考えていました。
 
 僕は神様ではないから、人間だから、つねに愛を投げることは出来ないけれど
 人間だからこそ愛を感じて魂で歌っていきたいと思っています。
 
 今日、僕の投げた愛と、皆さんから頂いた愛は相性がいい
 僕が投げた愛が、皆さんの愛する人・愛する家族・愛するモノへ愛が伝わっていって
 綺麗な花をたくさん咲かせることを願って、今日は眠りたいと思います。

 今日は本当に、どうもありがとうございました。

大きく手を上げて、ステージからはけていきました。
-------------------------------------------------------------------
もう残りわずかな公演で、今日が最後の方もきっとたくさんいらっしゃって、凄く盛り上がった。凄く楽しかったし、凄く素敵だったし、私の心から溢れるくらいに愛で満たされました。ケリーも、メンバーも、お客さんも素敵でした…。
会場が明るくなって、出口に向かう人やまだ席に座っている人をみて、この空間にいる方はみんな、ケリーが好きだったり、メンバーさんが好きだったり、音楽が好きだったりしていて、そういう“好き”な自分と同じような気持ち持っている方ばかりなわけで、そう考えたらなんだか凄くいとおしくなった。 「いいライブだったね」「そうだね」なんていいながら、1人1人と“ぎゅっ”ってハグしたいって思った。 …ちょっと変わってるかな? いやいや、変わってるのは分かってますが(苦笑) 

始めにも書いたけど、「もうすぐ公演終わりだ…」っていうライブじゃなくて、「これで一旦終わるけど、こんなにも愛のパワーを貯める事が出来たのだから、次を楽しみにしていてねv」って感じのライブだったよ。 私はそう感じました。


いよいよ、今日(26日)で私の最後のライブです。
今までのありがとうを、「これでもか〜っ!」ってくらい返してきます。
そして、次のライブまで持つようにたくさんの愛をいただいてきますっ!
…結局もらいっぱなしでゴメンなさい(苦笑)


ケリー、バンドのメンバーの皆さま。関係者の皆さま。
今日も、今日だけの、素晴らしい愛に溢れたライブでした。
いつも本当に、ありがとうございます。
大切な日になりました。羽ばたく音が聴こえました。
あと残り3公演… いいっこなしっていわれるかもしれませんが(苦笑)
今の、最大の、素敵な音楽を聴かせて下さい。
本当に、本当にありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------
【セットリスト】
<オープニング>
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
Blue Berry
闇喰いWind
ナイトドライブ
<メッセージ>
a happy love word
濡れ鼠
PINK

See You In My Dream
<メンバー紹介>
Saturday
Chance Comes Knocking.
Six Pack
The Rainbow Star

[アンコール]
新曲
<MC>
<エンディング>

【メンバー(10/25)】
Vocal ENDLICHERI☆ENDLICHERI
Guitar 西川進
Guitar 名越由貴夫
Bass 上田ケンジ
Keyboards 十川知司
Drums ひぐちしょうこ
Percussion STEVE ETO
Trumpet 下神竜哉
Trombone SASUKE
Sax 竹野昌邦
Chorus 浦嶋りんこ
Chorus CHAKA
Chorus 松本優香
Chorus TAMA
Manipulator 鹿島邦裕
(敬称略)
03:56 | The Rainbow Star:感想レポ | comments(4) | - | web拍手☆彡
スポンサーサイト
03:56 | - | - | - | web拍手☆彡

この記事に対するコメント

Commented by at 2006/10/26 1:28 PM
ただ今、バスに揺られ中〜。
天候が怪しいんだけど???
なぜっ!?Why〜???横浜へ来ると、雨になるの多いのは、アタシが雨女ってこと?いやぁー、光ちゃんと一緒だぁーーーーーvvv(笑)
しっかり、ケリー聞いておりますのでv
あと4時間後には、ご対面〜〜〜〜〜w(゚o゚)wなので、楽しみ♪♪
Commented by kao at 2006/10/27 12:31 AM
こんばんわ!
二度目のコメントです。
25日私も参加していました。
新幹線が大変なことになり「無事にたどりつけるのか?」とすごく不安だったのですが・・・
なんとかギリギリで開演に間に合いました!

私はあと土日に参加してきます。

いっぱい愛を投げて愛をもらってきます。
本日の剛くんの様子、また教えてくださいね。
Commented by たかいっちゃん at 2006/10/27 8:55 AM
お疲れ様でした!
ホント、素敵なライブで、ウキウキでした♪
剛くんには、いっぱい愛をもらったね〜。
そして、いっぱい愛を投げかけたね〜。
また、一緒に遊ぼうね(*⌒▽⌒*)
Commented by sakurabi at 2006/10/28 9:27 AM
おはようございます☆ お返事大変遅くなりました。
ゴメンなさい。

紅ちゃん
無事に横浜来れて、ホテルも取れてよかったですv
ケリーさんにはいろんな意味でヤラれっぱなしでしたね。
タンクから出たくない気持ち、すっごくわかります。
(↑追加公演の最後の時そうでしたw;)
タンクのたくさんの思い出の中の一つが紅ちゃんだよ。
ありがとう。

kaoさんへ
25日参加されてたんですね♪交通機関が遅れたりトラブったりすると大変ですよね…。間に合ってよかったですv
すっごく、素敵なライブでしたよねvvv
土日も参加されるんですね〜♪ すごーいっ!!
楽しんできてください☆ またよかったらコメントにでも土日の様子を伝えてくださいねv
26日レポも完成させますっ!待っててください☆

たかいっちゃんへ
お疲れ様ですっ! とっても素敵で楽しいライブでした♪
お誘いいただいてありがとうございますvvv
いろいろ違った目線ポイントのお話が出来て嬉しいかったv
愛をたくさんもらいました。少しでも愛を渡すことが出来ました。
また一緒に遊びましょうね〜♪
コメントする










(*注)urlを入力せずにemailを入力されますと、お名前のリンクにメールアドレスが表示されてしまいますのでご注意ください。sakurabiからメールにて連絡を必要とされる場合で、ご自分のブログやサイトをお持ちでない方は http://sakurabi.jugem.jp/ のurlをご利用下さい。

【Information】
<参加日>
過去と未来(笑)の記録