広告収入 サイドビジネス 「DOMOTO TSUYOSHI RADIO THE LOVE OF BUDDHA」1/5・#01 | sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログの別館です。
ENDLICHERI☆ENDLICHERI・KinKi Kids・嵐のつれづれニッキ。
2006/04/10開設−2008/04/10休止中
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | web拍手☆彡
<< 「We are Φn' 39!! and U? KinKi Kids Live in DOME 07-08」12/30感想 | main | 本日初日。 >>
「DOMOTO TSUYOSHI RADIO THE LOVE OF BUDDHA」1/5・#01
ラジオ聴きながら打ってた箇条書きに近い内容なんですけれど…。
やっぱりね。いつも思う。このまま載せていいのかどうか。

私もブログを書いていて、文字だけの場所で伝わりきれない想いってある。
放送禁止用語ではないけれど、自分の中で書いてはいけない言葉とかって絶対ある。
たくさんの方に触れていただける場ですからね。あたりまえなんですけれど。
でもそれで誤解を招くこともあるのは事実。

だからこそ私は出来るだけ文章に気持ちを載せることが出来たらって思いながら書いています。
そして、そんな文章が伝わった時は本当に心から嬉しく思います。

剛くんの想いはやっぱり生の声じゃなければ伝わらない。
だって、私がここに書く文章は、剛くんの愛を通して感じた私の愛だったりするから…。

でもね。やっぱり聴けない方に少しでも届いて欲しいなっていう想いもあるの。
だからね載せます。
でも、出来れば完璧にレポ起こしてるところ探して読んでいただいたほうがいいと思います。
ただ私には時間的にそれは無理なのです。ゴメンなさい。


雰囲気だけになってしまうかもしれませんが、ご了承下さい。
-----------------------------------------------------------------------
どうも皆さんこんばんは。堂本剛です。
おもろいことも、しょうもないことも、時には真面目なことも、いろんな要素が詰まったラジオになればいいかなと。
言葉の持つ力、エネルギー。僕の中では大切。ラジオに戻ってきた。
まずはこの曲を聴いてもらいましょう。エンドリケリーで「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」

 ♪「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」 : ENDLICHERI☆ENDLICHERI

ラジオ「愛仏」(ラブッタ)
ブッタの意味は“目覚めた人”の意味。自分の中の愛に目覚める為の時間になればいいなぁというラジオ。なんとなく聴いてくれたら。
愛はいただくものっというか、愛は放つものだというのが僕の持論。投げた愛はいつか還って来る。目の前にある川に愛を注ぎまくって、その水をだれかが汲んで幸せになっていけたら。

ラジオの話をいただいて、僕しゃべるの好きなのでお話を受けて。ラジオのタイトルを色々考えた。
愛に目覚めなければいけない時代。…本当は目覚めていたいところではあるんですけれども。
一筋縄には行かない「愛」というテーマ。「愛」という言葉をタイトルに入れると逃げれなくなる気もした。でも愛から逃げるのは格好悪いなって。逃げたくないなって。だから目覚めていこう。

人間の関係性って難しい。いろんなことが本当にあると思うけど、最終的に愛を持っていればハグ出来るのかな〜?キス出来るのかな〜って思っています。

最近外出てないなぁ。あ、ちょいちょい出てたか。
後半は家で黒ビールばっか飲んでた。ホルモンばっか食べてた。急にね?
どこかに食べに行ってもみんな黄色いビールのなか一人「黒ありますか?」とか(いい意味で)場を乱す感じ。自分だけ黒いのを飲んでる感じが楽しい。
お酒のつまみを作る料理本を買って作って、呑んでる。

もうすぐ29歳。歳を重ねてきて、フェイクよりリアルな愛を求め始める。リリックとか曲とかも。作ってて。
愛を追求して相手に投げていくことが大事なんじゃないかなぁと。

女性がたくさんラジオ聴いていると思うけど、なんとなくつけてたら流れてきて聴いてしまってる男性陣。男は生き難い時代だと思いますよ〜。今こそ男も頑張って立ち上がらんと。
女性もいろいろメッセージを放てる時代。いろんな分野で活躍している。そういう時代の入口の時は結構斬新だったけれど今はもう関係ないっていうか、人間って慣れって怖いなって思いますけれども。
昔はあるべきだった男性の姿なのか女性の姿なのか人としての姿なのか、いろいろあるとおもいますけれど、2008年は人が忘れかけていた、忘れがちな、決め付けていたものを違う風に考えようと思っています。2007年はその入口。
東京出てきたけれど、奈良を一日たりとも忘れない。もっと染まると思っていたけれど、まったく染まることがなく生きている。
自分の原点。本来の姿。嫌いなものを好きになってみる。
自分の意思の尊重を出来にくくなっている時代。

愛に目覚めて、リアルをもとめ、リアルの愛を放つことによって、なんかちょっと人とは違う人生を楽しく愛を持って過ごせていけたらいいなぁっていう野望的なものを秘めながらですね、「愛仏」お送りして行こうと思います。

造語とかっていうのは結構人の心を救いますよね?
思いついたら応募してみてください。
思いつきの中で始まっていくのがファンクしてていいと思います。

嫌いなものを好きになってみる。普段こう思っているものを逆にこう思ってみるという事をしていこうという提案があります。
その前に特に何も言わずかけますけれど、この曲を聴いてください。

 ♪「Planet Rock(プラネットロック)」 : Afrika Bambaataa(アフリカバンバータ)

2008年自分らしく愛を持って生きていく方法。
ENDLICHERI☆ENDLICHERIの世界があるわけですけれども、皆さんの大きな愛に包まれながらきているわけですけれども、もうひとつ考えましたっ!
僕の名前を“右から”カタカナで書いて言ってみてください。“右から”ですよ?そうすると「シヨツトモウド」になります。この言葉を連呼していると、「ショットモード」になるんですね〜。
2008年のENDLICHERI☆ENDLICHERIの期間は、自分の名前を逆から読んでみようかな?と。逆から自分自身を考えつつ、皆さんに愛を放っていこうかなと思っています。“愛”という「ショットモード」に入るわけです、このENDLICHERI☆ENDLICHERIの世界で2008年は。逆に読みながら遊ぼうと思います。
人の意見に流されず自分を持ちたい。時代の流れに逆らっていく。自分の名前を逆に読んで逆らっていく。

これだけでは皆さん楽しんでいただけないと思いますので、曲のかける間に自分の名前を右から書いてみてください。
あ、でも逆から書かない方がいい人も中にはいます(苦笑)自分で言ってて説得力ないけれど(笑)
そういう方はそのままがいいと思います。

時代を動かそう!1mmでも高く飛ぼう!そんな意味をこめてコチラの曲を聴いていただけたらと思います。

 ♪「I Want To Take You Higher」 : Sly & The Family Stone

ENDLICHERI☆ENDLICHERIの世界の中で、いい意味で時代に逆らっていきたい。物事を逆さまに見るのも良いんじゃないかな?って事です。
例えば「黒田さん」を嫌いだとします。でも一日「白田さん」って思って生きてみると嫌いじゃなくなったりするような感覚です。「黒田さん」を悪いって言ってるわけじゃないですよ?知り合いにいるんです、若干声高い…(笑) 例えばの話です。

(UFO 奈良 ローカル グローバル を逆にして言葉遊びをしつつ)
ローカルからグローバルへ。
古きよき時代のもの、伝統のものを今取り入れるのが良いんじゃないかなと。これも逆の発想。

(言葉遊び。ルー語の話。 偽装がソウギになるのがオモロイなって)
挨拶を逆から読んでみる。
(おはよう おやすみ いただきます とかいろいろ)

嫌いなものを逆から読んだら好きになるんじゃないかな?
(パクチー(←チクパーは嫌いになれないなぁ〜) セロリ ピーマン グリンピース(←逆さじゃないけれど平和って言葉がはいってる))

あとは、おやじとか。逆から読んだか解らなくなる。
頭も使うし暗号にもなる。こういう遊びをしつつ、時代というものを考えていくべきなんじゃないかな〜。
いままでありだったものがなしになったりとか。なしだったものがありだったりとか。

逆からモノを読むっていうのは、意外に何かを救うっていう感覚じゃないのかな〜っと思ったりしています。

俺嫌いなものなんやろなぁ?…ないねんな。
大阪だけで流れるとなると下ネタもいうねんけどな〜

人の名前を逆さに読むと楽しいな〜。(って言って、他にもいろいろと 侍 を逆から読んで、「イラムサ。国変わった」とか)
物事を逆から捉えていく発送を時代の中に捉えていただければいいんじゃないかなぁと思います。

まま、言葉遊びはこれくらいにして曲を聴いてただきましょう。

 ♪「Blue Berry -NARA Fun9 Style-」 : ENDLICHERI☆ENDLICHERI

ENDLICHERI☆ENDLICHERIの詳しい一方は…、まぁまぁまぁまぁって感じです。もどかしいですけれども。
今日はすごくゆるい感じでお送りしていますけれど、いい感じで話していこうと思います。

造語、逆から読んだらこうでしたとか、なんでもいいんでメッセージを送っていただけたらと思います。

次からはですね。企画含めて話して行こうと思いますけれど、今日は挨拶って事を含めてラジオの前に座らせていただきました。

自分の人生は1回です。自分を貫いて生きていく。楽しく楽しく、自分らしく生きていくのがいいと思いますよ。
このラジオを楽しくしていく時間の一部にしていただければいいなと思います。
僕の本音も話して行きたいと思います。
ライブとかラジオとかだと真っ直ぐに伝わる。いろんな僕を感じ取っていただけたら。
(文章にされると愛の形が変わってしまったり、先方の都合で3枚目を演じたりしているシーンもある)

応援していただいている方にはちゃんと真っ直ぐストレートに「こうなんだ〜」って想いが飛ばせたらいいなっという想いも込めて「ラブッタ」とつけました。
けして今まで嘘をついていたわけではなくって、よりリアルに僕がたくさんの人々にラジオを通して「ラブッタ」を通して、何かを投げていければいいなって思います。
皆さんで手を取り合って素敵な時間に変えていけたらいいなって思っています。

時間がたてば、いろんな著名人に足を運んでいただいて、ウダウダ話をするのもいいと思います。

僕をテレビで見てくれてる人はなんとなく“ふわっとした人”だと思っていると思います。これでも明るくなったほうです。18くらいのときですか?ホントに暗かったですから。どうにも出来ない時間が5年間くらいありましたが救ってくれたのは音楽。「生きろ」と教えてくれたのが音楽。
僕の音楽を聴いて僕のようにポジティブの方へ考えてくれる人が1人もいてくれたらいいなって思います。

高い壁は避けるのもありですけれど、登っていきたいという自分もいますし。人生1回ですからね。愛を持って自分のなりたい自分になっていきたい。

かなり長い時間で皆さまに伝えることが出来る場所が出来ましたので、予期せぬ...僕的にはハッピーな報告でしてですね、凄く嬉しかったわけですけれども、この場所を通してさまざまな交流だったり感情の交換だったりいろいろなものをぶつけ合って楽しく楽しくいければいいなって思います。参加型みたいな形でいろいろ考えていますので、その時は是非是非メッセージ送っていただき、長い間お付き合いしていけたらいいなって思います。

また来週お会いしたいと思います。来週もいろんな話して行こうと思います。
それではこの曲とともにお別れしたいと思います。
それではまた来週、おやすみなさ〜い。

 ♪「Sparkling」 : ENDLICHERI☆ENDLICHERI

-----------------------------------------------------------------------
「愛を追求して相手に投げていくことが大事なんじゃないかなぁ」
「逆からモノを読むっていうのは、意外に何かを救うっていう感覚じゃないのかな」
このフレーズが今の私に凄く心に響きました。伝えてくれる声がすごく素敵だったです。

今若干…じゃないな。結構自分的に落ちてたんだけど、下を向いていた顔が少し上を向いた。
本当は知ってる自分の中の答え。
うじうじしている場合じゃない。だって人生は一度きり。
自分自身の想い。突き進んでいこうと思います。


あ。逆さから名前を書くの。
私ね、苗字が変わってから始めてやってみた。
旧姓はこともの頃とか遊びでやってたけどね〜
新しい苗字でやったら、めっちゃゆる〜い言葉になったわ(笑)


本当にこうして私にもラジオを聴ける機会をくださってありがとうございます。
その素敵な愛に心から感謝です。
10:15 | RADIO LOVE-DHA!感想レポ | comments(2) | trackbacks(0) | web拍手☆彡
スポンサーサイト
10:15 | - | - | - | web拍手☆彡

この記事に対するコメント

Commented by のん at 2008/01/06 11:45 AM
わたしも名前を逆にしてみたのですが、
「(英語で)曲がり角で耐えている」という意味が浮かびました(解るかな?)

今年、曲がり角があるのかな、でも耐えて進めばいいのかな、って勝手に解釈したりして。
彼が言葉に感じることを大切にする感じ、好きです。

短い時間でレポ、すごいです。ありがとうございました。
そういえば、今日は定劇へ。。。でしたね。
お忙しいのにメールとかで朝からお騒がせしてしまいました。
楽しんできてくださいね。
Commented by sakurabi at 2008/01/08 12:12 PM
>のんさんへ
おっ!逆さまにするとそういう単語になるんですねっ☆
なんだか素敵ですよね。名前や言葉を逆にして意味を考えて感じてみるって。
レポってほどのものではなくて申し訳ないですが、少しでも伝わればいいなって思っています。
でもこうしてレポが出来るのは寒い中録音していただき聴かせて頂いてるおかげです。
本当に心からありがとうございます。
どうか風邪を引かぬよう、たくさん着込んで温かくしてくださいです。
コメントする










(*注)urlを入力せずにemailを入力されますと、お名前のリンクにメールアドレスが表示されてしまいますのでご注意ください。sakurabiからメールにて連絡を必要とされる場合で、ご自分のブログやサイトをお持ちでない方は http://sakurabi.jugem.jp/ のurlをご利用下さい。
トラックバックURL
http://sakurabi.jugem.jp/trackback/1188
この記事に対するトラックバック

【Information】
<参加日>
過去と未来(笑)の記録