広告収入 サイドビジネス 「We are Φn' 39!! and U? KinKi Kids Live in DOME 07-08」12/30感想 | sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログ

sakurabi☆ブログの別館です。
ENDLICHERI☆ENDLICHERI・KinKi Kids・嵐のつれづれニッキ。
2006/04/10開設−2008/04/10休止中
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | web拍手☆彡
<< そうだっ!! | main | 「DOMOTO TSUYOSHI RADIO THE LOVE OF BUDDHA」1/5・#01 >>
「We are Φn' 39!! and U? KinKi Kids Live in DOME 07-08」12/30感想
グッズ買った後、会場まで時間があったのでファミクラに行ってきました(笑)
KinKi Kidsの映像を観てからコンサートに行けるのってなんだかとっても贅沢っ☆
あ、絵馬が飾ってありました〜♪
あとクリスマスツリーのところがお正月な花飾りに鳴ってました☆

ゴハンも食べて、映像もう1回観て(え?笑) あまりの眠さにカラオケ屋さんで寝ようということになり入りました(苦笑)
1時間で予約して、とりあえずバックミュージックに「愛のかたまり」はじめ本人映像いれたら、なんとな〜く軽く歌ってしまい…。
最終的にはアルバム曲を中心に予習してました(笑)
だからちょっとリアルタイムな話題があったりして、余計に楽しかったっ


さてさて、以下は感想文です。
ネタバレしてるのでご注意下さい。

----------------------------------------------------
「We are Φn' 39!! and U? KinKi Kids Live in DOME 07-08」
12/30 1塁側 3階スタンド席

席に向かう階段登って振り返ったら「Φ」の字ステージっ!!
1/1の自分のチケットの席から円形を想像してたけど、あまりの大きさにビックリ(笑)
しかもすけすけ(←ムービングステージ)が円形に回転するんだなってレール見て解ってテンションあがったっ!!
途中のMCで光一くんも言ってくれてるけど、スタンド席でもホント近くて嬉しい☆
「Φ」の形もよく見えるしね♪

正面にはLED画面。その左上と右下にモニター。さらに上の両サイドにもモニター。
外野席下にはLED画面がありました。
今回、演奏している方が画面に映ったり、建さんとかはリフターであがったりなど、演奏者も一緒にステージを作っている一体感が凄く出ていて素敵でした。個人的にとっても嬉しかった。

----------------------------------------------------
【lOve in the φ】
パーンと出てきたのは「Φ」の真ん中直線ステージっ☆ うきゃっv
この曲で始まるだろうって思ってたけど、踊ってる姿を観てすでに興奮っ(←えへっ)
3列前くらいの人がサビの部分の手の振りを最初からやってたので大阪行ったんだなって思ったり。

【Bonnie Butterfly】
いやんっv 懐かしい曲〜
そしてダンスーっ!!
レーザーの蝶がドームの屋根を優雅に泳いでました

【涙、ひとひら】
もう「ふたりがいる」とか「歌ってる」とか「踊ってる」って事に興奮しすぎて大変な状態早くもMAX(苦笑)
真ん中直線ステージの端と端に来てくれます。
そして私が好きな部分が聴けて大満足☆

<MC1>順位不同・ニュアンスです
◆初っ端の光一くんの挨拶。
「そこで警備員さんに止められたKinKi Kids、堂本光一で〜す」
剛くんは止められなかったらしいけど、リハしてるときに光一くんを見失うって(苦笑)

◆静電気
歌ってるときから思ってたんだけど、ステージ新しいから静電気が凄いっw;
光一くんの髪の毛が逆立ってて、剛くんにツッコまれる。
モニターに映し出されて、キレイに立ってました(笑)
剛くんは帽子被ってるから大丈夫って。
…でも静電気は起きてるよね?

◆上着を脱ぐのを忘れる
大阪の時から忘れてたみたいだね。
「また脱ぐの忘れてますよ、光一さん」って(笑)
そしたら自分の頭をぺちぺち叩く光一くんv 可愛い〜
剛くんもマネしたり、他にもいろんな場面でふたりともぺちぺちしてた(笑)

◆キメポーズ
真っ直ぐに立って若干上を見ながら両手を広げるポーズをする光一くん。
最初、剛くんが何かうまいこといったらそのポーズして「全部(おいしいところを)奪っちゃうv」とか言ってたんだけど、だんだんそのポーズをやること自体にハマってしまって(苦笑)、
「今日のコンサートの間にやっちゃうかも〜。次の曲でやっちゃうかも〜」ってやってしまいそうな危険な自分を話す光一くん。
それに対し剛さん。「次の曲ではやめてっ。真面目に歌おう。…後半なら。。(やってもいいよ)」

【Harmony of December】
真ん中直線ステージから、外側円形ステージの間にある道のリフターで上がり、お互い背中合わせで歌います。
円形ステージから白い羽根が舞い上がってキレイでした。
この曲、私の好きな曲なんだけど、まさか聴けるって思ってなかったから嬉しかったですv

【the EDGE of the WORD】
ふたりの声の掛け合いが素敵すぎっ
生っていいなって凄く思った。

【停電の夜には −On the night of a blackout−】
このコンサートのために書き下ろしたのかって本気で思ったくらい、歌詞がぴったりでしっくりきた。
ロウソクをもったて踊っていた女性ダンサーさん2人。踊りながら円形ステージをお互い半円づつ駆け抜けていくと、足元のステージが光り輝きます。
反対側のロウソクを持って真ん中のステージをあるくと、真ん中直線ステージも光り輝き、「Φ」の文字が白く浮かび上がります。
ツアータイトルにもロウソクが使ってあったりして、この曲の意味を強く感じました。

個人的にはふたりのことを一番思ったけれどね(笑顔) うん。
かなり感動してました。

【Lose Control】
曲に入る前からの雰囲気が格好良かったっ!
ダンスも素敵だったよ〜v なんか脱がされてた(笑)
ホント、歌って踊ってる時の光一くんが格好いいです。

【since 1997】
この曲に続くのがアルバムと一緒でなんだか嬉しい。ここのつながり好きなの。
下神さんのトランペットが格好いい〜♪アップでの映し方も素敵だよねっ☆
これ、リズムがとっても難しいと思うんだよね。うん。
最初に剛くんから始まるソロ。
外野席下のLEDが「1979.04.10」からカウントがあがっていき「1997.07.21」で止まる。
次の光一くんのソロでは同じように「1979.01.01」から「1997.07.21」で止まる。
「うおぉぉ〜っ!!」って思っていたら、その次は「1997.07.21」からカウントあがって「2007.12.30」。
「素敵な演出だー」って思ってたら、今度はサビの部分で正面LEDに「1997」から曲にあわせて1年ずつカウントあがってました。
その時に、右下の画面にホーン隊が映ってたりして、もうホント最高っ!
もちろん曲や歌声も素敵でしたっvvv

【風の色】
ライブ前に行ったカラオケで「この曲歌わないだろうな〜」とか思いながら歌ってて(笑)
歌ってみて気がついたのは音がとっても取りにくいw;
さらりと歌い上げるふたりが格好いいです。
これも生だとさらに素敵なハモリですねっ♪

<MC2>順位不同・ニュアンスです
◆キメポーズその
「後ろでやってるんじゃないかってヒヤヒヤした」と剛くん(笑)
背中合わせだからね〜

◆平成くん登場
今年活躍したグループってことで、カウコンの時間に出ちゃいけないけど、その時に使うVTRを撮るために出てきた〜
最初、一列に並んだときに、剛くんも光一くんも混ざって入って並んでた。しかもちょっと背の順っぽい(笑)
自己紹介していったんだけど、ふたりやいろいろツッコんだり可愛がってたりしてた。
歌を歌うときには客電点いてて明るかった。知念くんの高い声のソロの時に会場から「可愛い」って声が聴こえてた〜

◆カラオケ
光一くんがカラオケで中丸くんと歌ったんだけど、自分のパートしか歌えないよね〜って話から剛くんもカラオケ行ったって話へ。
「友だちと行くと、自分以外のパートも歌わなきゃいけなくて解らなかったりする」って。
「歌うパートが色分け、マーク分けされてる。スペードとクローバー…」って言ったら光一くん、
「俺、スペードっ♪」って(笑)
「いつからそんな決まりが出来たんですか?」と。そして続いて光一くん、
「(色分けが)俺、ピンクっ!?なんでピンク?って時あるよね?」(笑)
「僕は黄緑と青でした」(笑) ←そうそう、最近はコレだよね?私もさっき歌ったから知ってるw
アルバムの曲とか「コンサートあるんで練習させてください」って歌ってるって。

◆光一くんへ即興曲v
円形ステージの内側に演奏する席があるんだけど、キーボードのところに行く剛くん。
光一くんに曲を送るとっ!きゃっv
マイクスタンドがなかったのでスタッフさんに持っててもらうことに。
最初に横にあるキーボードで弾き始めたんだけど、イメージしていた音色と違うっぽく、「あ、こっち」ってもう一個のキーボードを弾く。
しっとりとした入り。キーボード前より上手くなってるよねv
「うきゃんv」って思ってると、そこはやっぱり剛くん。歌詞はお笑い交じりに(苦笑)「毛根、愛してる〜」とかね(笑)
でも、素敵なフレーズだったりする場所もあって、2〜3回はうち抜かれてた。
剛くんが歌ってる間、どうしたら良いかわからない光一くんは、真ん中直線ステージを下を向いたままうろうろ。かわゆい(笑顔)

◆ギター
「ギターもって来てくださ〜い」って言ってスタンバイ。
「番組で吉田拓郎さんや多くのミュージシャンとしりあって、まさかギターやるとは思ってなかったけれど、今はこうして歌える」と。
「ここでギターを弾きながら「全部だきしめて」を歌います。その後の曲は、あえて自分たちの作詞作曲ではない曲を選びました」と話してくれてから曲へ。

【全部だきしめて】
やっぱり掛け声はついちゃうのねw;
でも光一くんは「歌って」っていったし、掛け声かかっても「それもあり」って雰囲気があったように感じました。
懐かしいね〜。ふたりがギター弾きながら歌う姿が素敵です。

【ひとりじゃない】
曲が始まって会場にどよめき。うひょーっ!この曲で来ますかv 素敵☆
そして確かに重ねた時を想う…。

【僕は思う】
そしてやっぱりこれよね(笑顔) 前の曲を受けて歌うからさらに素敵〜

【ノー・チューンド】
うわ〜んっ!ギター弾きながら歌って欲しいって思ってたらその通りになったぁー(号泣)
この曲好きです。重たくなく励まされる。前向きになれる。
…ちょっぴり涙ぐんじゃった。
最後、剛くんがスッとはけて、光一くんのギターの音が響くのがこれまた素敵。
切ない音って思うんだよね。光一くんのギター。

【unchanged.】
前の曲でハケるの早かったからソロ曲だって思って構えてたんだけど…。
なんなんですかっ!格好よすぎーーーーーっ!!
揃って踊るダンスと、それぞれに踊るダンスもあって。。ってか、腰。(笑)
ひさびさにあの振ってる感じを観たわ〜v きゃいんっvvv ←危険人物。
真ん中直線ステージで歌ってるんだけど、曲の終わりに3塁側の端っこに向かって走っていって…飛んだっ!!
「え?」って思ったら、スポンジのプールが用意されてて、そこにダイブしてたーーーっ!(笑)
ほとんど身体は潜り込んじゃって見えないんだけど、手が出てきたっ!
あとはもそもそ動いたり、中のスポンジ投げたり、もう一回落ちてみたりして、出てきた時にはヘトヘト&腰を痛めてた。
引きずるようにステージ中央に戻り、建さんに合図したあと、「バンバ〜ン♪」っとキメて終わりっ☆
ぅんもうっ!さすがですっ♪

【snapshot】
歌っている姿。歌っている声。
他にも演奏されている音や、ダンスや、会場の中に光るペンライト。
この雰囲気で歌ってくれるこの曲は素敵だって思いました。

<MC3>
◆39イベント
1日だけやったイベント。入れなかった人もたくさんいるって。
「今、このイベントをやったこの場で、少しだけど感じてもらえたら…」ってことで、アンプラグドで演奏します。

【月光】
イベントやったときに、こういう聴かせる場があったらいいなって思っていたから本当に嬉しい。
会場の照明が綺麗です。

【Anniversary】
中央のリフターがあがります。なんか周りが座って聴いてたから私も座ってたんだけど(←立ったら後ろの人が見えないと思ったのでw;)
座って聴いてたら気持ちよくってふわふわしてました。
あ。頭を押さえる仕草をして歌った光一くん。そのすぐ後、同じポーズを剛くんがしていて、歌詞とダブっちゃった(笑顔)

【愛のかたまり】
イントロかかったときに「立とう」と(苦笑)
って、まさかもうこの曲はコンサートで聴くことが出来るって思わなかったからめっちゃ嬉しかったよぅ(泣)

アンプラグドはここまで。
モニターに「Φ」のロゴが映し出されて、半円の部分が開き真ん中の棒が抜けます。
そこに映し出される映像は、ふたりが今までやってきたコンサートの映像。
頬杖ついたりするやつとか、カメラのまえでふたりで遊んでるやつとか。
そして映像の途中でかかるイントロ・・・「銀色 暗号」
最後は39イベントのハグ。会場はギャーってなったけど、私は感動して泣きそう(苦笑)
あのハグはふたりの間に重ねてきた時の重みがあるんだよう。「ありがとう」って想いがいっぱいなんだようっ(号泣)

【銀色 暗号】
そんななか始まるこの曲。本当に素敵です。
やっぱりふたりが作った曲は、さらに真っ直ぐに届く気がする。
この曲のふたりのように、私たちとファンの間での「銀色 暗号」がたくさん作れたら素敵だなって思った。

曲が終わった時に、なんだかとってもドキドキしていました。

【愛されるより 愛したい】
きゃっ!これまた懐かしい曲〜♪
いつ使うんだろうって思っていた、すけすけに乗って、思いのほか高く上がって移動開始っ!
近くを通った時嬉しかったぁv 上の方でも近くに来てくれる円形のステージ&すけすけは本当に嬉しい。
光一くんのソロのとき、ここぞとばかりに剛くん、光一くんがやっていたキメポーズをやります(笑)1塁側爆笑っ!そして光一くんは気がつかない(笑)

【硝子の少年】
すけすけ乗ったままこの曲へ。
正面モニターの前を通る時がちょっぴり面白い。←お客さんいなくて、自分がモニターに映ってる(笑)
贅沢言えばこの曲は真ん中直線ステージで聞きたかったなぁ〜。あの振りが好きなのですv

【永遠に】
最後にこの曲。中央で。
最後に歌い上げてくれます。

メンバー紹介。
KinKiの紹介の時に、光一くんが軽く手をひろげて「来い」と(笑)
剛くん飛び込んでいくんだけど、若干光一くん避けた?(苦笑)受け止めきれなかったw
でもその後、ふたりで楽しそうに笑ってたv

挨拶してバイバイと。

<アンコール>
【Night+Flight】
きゃぁ〜っv これまた好きな曲〜☆
なんだか私の好きな曲が多くって嬉しいよぉ〜。
だって絶対に歌わないって思ってたもん。

【KinKiのやる気まんまんソング】
ここまでアップテンポな曲をコンサートで聴いたのは初めてだったんだけど、可愛かった☆
モニターやLEDもポップで可愛かったよう♪
曲がはっきり解らなくて歌えなかったのが悔しかった(苦笑)

【99%LIBERTY】
もうふたりも客席もノリノリっ♪誰が一番ノリノリって光一く〜んっ!!
1塁側から降りて外周を走るーっ!!
うおぉーっ!!そんな光一くんを初めて見たようっ!(←KinKiコンは去年から参加の為)
一番最初の挨拶からノってるな。テンション高いなって思ったけれど、まさか降りて走るとは思わなかったっ!
そしたら剛くんは3塁側から降りた〜っ!!走るってよりは歩いてる感じ?
お互いに反対側のまで行ってくれました。
最後、先にステージに戻った光一くん。剛くんは曲の終わりに間に合わなくって走るっ!
ステージでは「剛どこ?剛どこ?」って光一くん(笑)
最後、ジャンプして終わりました。
あっ!銀テープがね。円周にそって時計回りに飛び出していくのがキレイだったぁ〜☆

最後、もう一度メンバー紹介。
「俺たちKinKi Kids」をしたのはここだったかな? ←興奮していてはっきり覚えてないw;
正面のステージへ向かう途中に剛くん、カメラに向かって寄っていく…。
めちゃめちゃ可愛い顔で、でも目はちょっといたずらっ子みたいな感じで(笑)
カメラに寄った瞬間は優しい表情で…。

 ち、ちゅ。。ちゅぅをっっっ!!(ぐはぁ)←なんか吐。

離れた瞬間、曇ってるカメラがぁ。。。リアルすぎて本気で倒れるかと思った…。
ってか、びっくりし過ぎてきょとんですよ、わたくし(苦笑)
後から脳内再生して倒れそうになった(←危険人物w;)←ってか馬鹿。

正面のステージでは右左に歩いて後ろの席まで手を振って挨拶。
最後、芸人さんのようにポーズをキメながら、帰っていきました。
-------------------------------------------------------

いやぁ〜☆最高でしたよ〜っ
ふたりの距離や温度や雰囲気がすっごく素敵だったぁ〜v
ふたりの雰囲気に会場が一気に包まれた感じがしました。

なんていうのかな?ファンとふたりとの距離がさらに縮まった気がしたよ。
なんだかそれが嬉しかったなぁ。とっても。

すっごく心が満たされて、ふわふわ気分で帰ってきました。
ふたりに触れて、とっても気持ちよかったです。

もうもうもうもうっ!大好きっ!!
って心の底から思っていました。

本当に楽しかったです。
ありがとう〜っ☆

-------------------------------------------------------
【セットリスト(12/30)】
lOve in the φ
Bonnie Butterfly
涙、ひとひら
<MC1>
Harmony of December
the EDGE of the WORD
停電の夜には −On the night of a blackout−
Lose Control
since 1997
風の色
<MC2>
全部だきしめて
ひとりじゃない
僕は思う
ノー・チューンド
unchanged.
snapshot
<MC3>
月光
Anniversary
愛のかたまり
銀色 暗号
愛されるより 愛したい
硝子の少年
永遠に

<アンコール>
Night+Flight
KinKiのやる気まんまんソング
99%LIBERTY
19:23 | ライブ・コンサート・舞台:感想レポ | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手☆彡
スポンサーサイト
19:23 | - | - | - | web拍手☆彡

この記事に対するコメント

コメントする










(*注)urlを入力せずにemailを入力されますと、お名前のリンクにメールアドレスが表示されてしまいますのでご注意ください。sakurabiからメールにて連絡を必要とされる場合で、ご自分のブログやサイトをお持ちでない方は http://sakurabi.jugem.jp/ のurlをご利用下さい。
トラックバックURL
http://sakurabi.jugem.jp/trackback/1187
この記事に対するトラックバック

【Information】
<参加日>
過去と未来(笑)の記録